買取ぞうさんはデジタルミキサーを高価買取中

近年、アナログミキサーに変わって浸透してきているデジタルミキサー。

デジタルミキサーとは、ミキサー内部の音声信号処理をデジタルに変換しておこなう機器です。利便性、拡張性、そしてノイズの影響を受けにくいといった事から人気なのです。

Allen & Heath(アレンアンドヒース)やAPI (エーピーアイ)、BEHRINGER(ベリンガー )、CODE(コード)、compact disco(コンパクトディスコ)Digidesign(デジデザイン)など、さまざまなブランドがそろっています。

無料査定 ここをクリック

デジタルミキサーについて

デジタルミキサーには、設定登録したものをワンタッチで呼び出せる他、ミキシングおよびプロセッシング機能、優れた外部機器との連携、ノイズに強いデジタル伝送、多機能なのにコンパクトサイズで場所を取らないといった特徴があります。

使う上で大事なポイントとなる操作性ですが、デジタルミキサーの場合、すべてのチャンネル設定状況は、一目見ただけではわからないもの。

自分で選択したチャンネルミキサーの場面に表示するつくりなので、そうした面からいうと、これまでアナログミキサーに慣れてきた人には使いにくさを感じるかもしれません。

とはいえ、ある程度のチャンネル数があるミキサーの場合では、逆にプラスになるといえます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

デジタルミキサーの大量買取もお任せください

デジタルミキサーの進化により、高音質で音声を処理する事ができるようになりました。

今後の流れとしても、デジタルミキサーが中心になることは容易に想像できます。特に、長距離伝送を必要とする大規模な会場では、デジタルミキサーの力が必要です。

無料査定 ここをクリック

デジタルミキサーの高価買取り方法について

check1

状態

シーンの保存や呼び出しなどの機能面では、アナログに比べてとても便利なデジタルミキサー。

ですが、頻繁に場所を移動して使うとなると、ちょっと不安なところがあります。

移動や設営を繰り返す中で、何かの拍子に衝撃を与えることもあり、それが製品不良につながります。

普段から取り扱いに注意しておくことが、のちに査定に出す際に役立ちます。

check2

付属品

日本語対応ページやマニュアルが装備されているかどうかも要チェック。

サポートも日本語非対応の場合もあるので、代理店がしっかりと対応してくれる製品かどうかでも大きく左右されるようです。

特に中古とあれば、やはり不具合や劣化スピードの速さなどが懸念されますので、より確かなサポート体制を持つブランドのほうが、中古市場では安心して購入されています。

check3

まとめて

デジタルミキサーなどの音響機材では、音質が最も重要なポイントです。

各社のデジタルミキサーのパーツや回路など、より高品質なものであれば中古とはいえ高値で買取されています。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

デジタルミキサーの掃除方法について

デジタル機器になるので、ホコリや水分に注意。

また、移動などの際には衝撃に注意し、屋外での使用では砂が入らないように注意する必要があります。

意外と細かいすき間から入り込み、それが劣化を早めることになるので、できれば定期的なメンテナンスを購入店やメーカーに確認しておくと安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介