買取ぞうさんはキャバール オーボエを高価買取中

キャバールは、フランスの伝統メーカーの一つでした。

同じく木管楽器の老舗メーカーであるロレーと、ほぼ同時期にオーボエの製作をスタートさせたというのですから、その歴史は古くからあるブランドといえます。

1974年にロレーと一緒になったことで、キャバールというメーカーはなくなりましたが、今でもキャバール オーボエは演奏者達に愛用されています。

その数、およそ7,000本も出回っています。

キャバールのオーボエはクセがない楽器で、オーボエ初心者でも比較的すぐに吹き鳴らすことができると言われています。

無料査定 ここをクリック

キャバール オーボエについて

キャバールは1893年に創設されたフランスの伝統あるメーカー。

1974年にロレーのアラン・ド・ゴードン氏がキャバール社を引き継ぎ、スチューデントモデル「キャバール」を開発・販売。

それは正確な音程と高品質なオーボエとして売れ、さらに子どもも練習できるタイプとして「キャバール・プチ」も開発しています。

これまでのオーボエの性質から、子どもの小さな手では難しいとされていたのですが、このキャバール・プチの登場により可能に。

スタンダートモデルよりも軽く、シンプルなメカニズム、子どもの手でも押さえやすいキイシステムと、従来のオーボエを子ども仕様に変更。

この画期的な仕様に、瞬く間に世界に広がっていったのです。

キャバールの刻印は、ロレーが作るモデルの中でもプロフェッショナルクラスにのみ。

その精度の高さや優れた品質管理基準が認められているオーボエなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

キャバール オーボエの大量買取もお任せください

キャバール オーボエは、手になじみの良いキーメカニズムを持っています。

その効率性の高い吹奏感、そして高い耐久性で故障しにくいといった特徴から、学校などの備品としてもよく使われています。

20年以上前のキャバール オーボエを、吹奏楽コンクールなどでみることも少なくないのです。

無料査定 ここをクリック

キャバール オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

オーボエを中古で購入するに当たって重視されるのが、吹きやすいことはもちろんですが、丈夫で長持ちする事です。

丈夫で長持ちするかどうかは、そのメーカーの素材や作りなどにも関係してきますが、やはり普段の使い方が大きく影響してきます。

演奏後のお手入れや定期的なメンテナンスを欠かさない事は、いつまでも上質の音色を出すためだけでなく、中古品として査定に出す際にもプラスとなるのです。

キャバールのオーボエは新品でも70万から80万はする販売価格で、中古品では状態にもよりますが、30万ほどで販売されていることもあります。

外見はもちろんのこと、吹いた時の感じでも大きく査定に響きますので、できるだけ高価買取となるためにも、日頃の扱いには気をつけたいものです。

check2

付属品

もし、使用しているなかで、どこかしら修理した箇所があったのだとすれば、その際に受け取った修理依頼書も一緒に出すようにします。

中古で査定に出すということは、どこかわかりにくいところが故障している、もしくは故障する危険性があると見られます。

過去に修理している場合、購入した後に不具合が起こることも比較的少ないとして、そのことも査定にプラスされるのです。

また、付属品としてショルダーベルト付ケースカバーやリードケースなどが付いていたのであれば、それもきれいにな状態にして査定に出すようにしましょう。

check3

まとめて

キャバールは今はなきメーカーではありますが、そのブランドはロレーが引き継いでいます。

キャバールが現存していた頃のオーボエはコレクターにとっては憧れのものとなっていますし、それ以降でも、ビンテージやプレミアム品として高く買取ってくれる事もあります。

キャバールもロレーも、どちらもオーボエメーカーとしては老舗で通っているので、それなりに歴史的価値も高いです。

とはいえ、やはり中古市場で人気なのは新品に近いキャバール オーボエです。

こちらのほうが需要も高いですから、コンディションに問題がなければ高く買取ってくれるでしょう。

新しいモデルが発表されていますが、やはりモデルチェンジをした後や新製品を発売した後などは、旧モデルとして価格がガクンと落ちてしまいます。

あまり使わないようになってしまったら、早めに査定に出すのがいいと言えます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

キャバール オーボエの掃除方法について

本番用から練習用まで、オーボエの演奏用のリードは数多く準備しなければいけません。

とはいえ、一度にに使うことはないので、保管している間は乾燥させておきます。

そして、演奏で使用したしたリードは掃除と手入れを行います。

これはキャバール オーボエの本体でも同じ事で、演奏後には管体内部にたまった水分をきれいに拭き取るようにします。

これをやっておかないと内径が狂ってしまい、木が割れてしまうこともあるのです。

しかも、水分がキイとトーンホールの間に詰まってしまうこともあり、こうなると演奏自体に支障をきたします。

特に、トーンホールの設計が緻密なオーボエは、こまめにチェックするのがいいでしょう。

ちなみに、この際に使用するのはクリーニングスワブという掃除布や、クリーニングロッドという掃除棒よりも、撥水性に優れた鳥の羽根がおすすめです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介