買取ぞうさんはLEWITT(ルーイット)コンデンサーマイクを高価買取中

「LEWITT(ルーイット)」は、プロジェクト・マネージャーとして活躍してきたRoman Perschon氏が、2009年に設立したヨーロッパのマイク・メーカーです。

日本に入ってきたのは2014年と、まだ新しいマイクロフォンブランドです。

パーソナルマイクとして最適な「MTP250DM 」やヴォーカル用のダイナミックマイク「MTP540DM」、コンデンサーマイクのような繊細さを持つ「MTP840DM」、多目的で使われるダイアフラム・コンデンサー・マイク「LCT240」など、他にも特徴のある豊富なラインナップがそろっています。

無料査定 ここをクリック

LEWITT(ルーイット)コンデンサーマイクについて

「LEWITT(ルーイット)」を立ち上げたRoman Perschon氏は、マイクの知識についてはエキスパートで、世界最大のマイク製造業者の息子で、シドニー育ちのKen Yang氏と共にLEWITT(ルーイット)を始めました。

2011年になると、欧州や北米、南米にまで広がり、2014年に日本にも流通するなどして、世界中にルーイット製品が広がりつつあります。

デザイン、ハードウエア、内部回路のプロダクト・デザインはすべて自社で制作を行なっています。

ラインナップとしては、レコーディング用の「LCT」シリーズ、ライブ用の「MTP」シリーズ、ドラムやパーカッション用の「DTP」シリーズ、そして最新の「DGT」シリーズがあります。

中国・広東省にある、最新の工作機械・検査設備を備える自社工場で生産しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

LEWITT(ルーイット)コンデンサーマイクの大量買取もお任せください

まだ日本に登場して間もないマイクブランドですが、コンデンサーマイクやダイナミックマイク、デジタルマイクなど、豊富なラインナップが充実しています。

クールなデザインで値段も手ごろな物がそろっていることから売れ行きも悪くなく、中古市場でも今後の動きが非常に注目されているブランドです。

無料査定 ここをクリック

LEWITT(ルーイット)コンデンサーマイクの高価買取り方法について

check1

状態

「LEWITT(ルーイット)」には、さまざまなタイプのマイクがそろっています。

ルーイットのLCTコンデンサーマイクは、その高い技術・音質・操作性からライブとレコーディングの両面で活躍し、その中でも「LCT940」は、プレミアム・クラスのラージ・ダイアフラムFETコンデンサー・マイクとトップ・クラスの真空管が一緒になっているだけでなく、5タイプの指向性(オムニ、カーディオイド、フィギュアー 8、ワイド、スーパー・カーディオイド)に4タイプの中間パターンと豊富な指向性を搭載しています。

さらに、アッテネーションやハイパス・フィルター、ノイズレス操作のプッシュ・ボタン、Lクリッピング・ヒストリー機能など、多彩な機能が備わっています。

その機能から、価格は15万円ほどと決して安くありません。

まだ若いメーカーなだけあって、状態が良ければ高値で買い取ってもらえます。

check2

付属品

別売りされているマイクロフォン・ショックマウントやフォーム・ウインドスクリーン、ステレオ・バー、マイク・ホルダー、ラバー・マイク・マウント、アジャスタブル・ドラム・マイク・マウント、クッション入りマイク・バッグ、ケーブルなど、査定に出すモデルに合ったアクセサリーがあると、買取価格もプラスされる可能性が高いです。

check3

まとめて

「LEWITT(ルーイット)」のマイクは、高いものから安いものまでピンキリです。

1ラージ・ダイアフラム真空管・FETマイク「LCT 940」は18万円と高額ですが、2/3ペンシル・スタイル・コンデンサー・マイク「LCT 140」は3万円、ダイナミック・マイクの「MTP 250 DM/DMs」については1万円で購入できるといった手軽さが売りで、モデルによって買取価格も大きく変わります。

また、ルーイットには高品質ドラム用マイクがセットになった「プロフェショナル・ドラムマイク・キット」や、ドラムやパーカッション、木管楽器に最適なダイナミック・マイク、そしてキッズ用マイクなども作られています。

最近では、小さい子供がドラムを習う事も増えており、中古市場でも注目されています。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

LEWITT(ルーイット)コンデンサーマイクの掃除方法について

マイクは精密機械のため、日頃のお手入れ次第で長く使えるか、それとも劣化が激しくなるかで分かれます。

口を近づけて使う事で、唾液がつきやすく、内部に入ってしまうと大変です。

臭くなってしまうのはもちろんですが、精度も下がり壊れやすくなります。

使い終わったら乾いたタオルなどでふき取り、網目などは綿棒や爪楊枝などを使ってきれいにします。

また、コンデンサーマイクは湿気に弱いため、密封したケースに乾燥剤などど一緒に入れて保管しておくといいでしょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介