買取ぞうさんはBURKART(バーカート)フルートを高価買取中

バーカート フルートは、ハンドクラフトに現代のハイテクノロジーを融合して作り上げたフルート。

そこにはCAD(Computer Aided Design)による現代工学のノウハウが活かされています。

その数学的なスケールによって、これまでのフルートに見られた欠点や妥協といったものを解消。

また、他のどのメーカーよりも早くにフラットカップを採用し、パッドバランスに乱れがないキイカップを、そして左手にピンレスメカニズムを採用することで早くて軽いキイアクションを実現しています。

まさに、近代的な音響工学に基づいた形状をしているバーカート フルート。

無料査定 ここをクリック

BURKART(バーカート)フルートについて

バーカート フルートは、リリアン・バーカートとジェームズ・フェランによって作られたフルートです。

リリアン・バーカートはパウエルフルート社で管体や頭部管製作、テスターなどの職を経てからピッコロの製作に従事。

1991年になると独立しピッコロとフルートの頭部管の工房を立ち上げました。

記念すべきバーカート フルート第1号ができたのは、1996年の事です。

そしてジェームズ・フェランも、リリアン・バーカートと同じくパウエルフルートで働いていました。

働きながらもノースウエスタン大学で工学を勉強しています。

1989年には退社し、その後バーカート&フェラン社を設立するに至っています。

楽器の製作や設計、リペアマンとしては熟練した腕をもっており、修理や音響効果などについても詳しいプロです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

BURKART(バーカート)フルートの大量買取もお任せください

ハンドメイドの良さと、電子工学による良さが融合して作られているバーカート フルート。

これまでフルートにいわれていたデメリットを解消した、極めてクオリティの高いフルートとなっています。

「リリアン・バーカートエリートモデル」と「リリアン・バーカートプロフェショナル」「レゾナモデル」とあります。

無料査定 ここをクリック

BURKART(バーカート)フルートの高価買取り方法について

check1

状態

フルートを複数本所有している人は多く、また買い換える事も珍しくありません。

毎回新品で購入していたのでは大変ですから、中古のフルートで欲しかったモデルを手にしたり、買い換えたりするのです。

新品ではなく中古を選ぶのも、中古のフルートの中には吹くほど音が出やすくなっていくものもあるので、必ずしも新品がいいというわけではないのです。

バーカート フルートを中古市場に出す際には、そのコンディションを普段から整えておく事が大事。

定期的にメンテナンスに出して修理が必要な部分は直し、外見も細部までピカピカに磨いておけば、査定においてもかなりの好印象となるでしょう。

バーカート フルートは、あまり日本人好みの作りではないといわれてもいますが、その音色は非常に良いものなので、吹いてみたいと思う人も多々います。

それがために、中古市場でも需要があるものとなっているのです。

check2

付属品

「リリアン・バーカートエリートモデル」と「リリアン・バーカートプロフェショナル」においては、頭部管は3種類の「C4」「M2」「S3」から選ぶものとなっています。

「C4」はアメリカの一般的なステイルで、リリアン・バーカートの伝統的なスタイルともいえます。

「M2」はリリアン・バーカートが作る中でも独特で革新的なカットをしています。

「S3」はオールドアメリカンスタイルを現代風にしたもの。

どれを選択しているかでも、査定による評価が変わることもあります。

check3

まとめて

フルートを買取ってもらう場合、まずは査定に申し込まなくてはいけません。
その際、バーカート フルートについて詳細に申告するのですが、包み隠さず正直にそして詳しく伝える事で、最初の予想査定もより正確に教えてもらえます。

メーカー名はもちろんモデル名や品番、年式、新品と中古どちらで購入したのか、使用期間はどれくらいか、外観の状態はどうなっているのか、演奏するうえでの状態、保障期間はあるのか、付属品としてどんなものがあるのかといったことを申告します。

中古ですから、多少の使用感があるのは仕方ない事。

特に目立つ傷や汚れ、さび、凹みなどがなければそこまで悪い査定金額にはなりません。

美品となるように、普段からお手入れはしっかりとしておくのが高額査定において大事なコツです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

BURKARAT バーカート フルートの掃除方法について

フルートは、大変デリケートにできている楽器です。

ですから、普段お手入れをしっかりとしていたとしても、知らず知らずにトラブルを溜め込んでいる事も。
なんとなく音が出にくいなと思ったら要注意。

もしかしたらそれは自分の技術のせいではなく、なんらかの異変が起こっているからかもしれないのです。

フルート自体の調子が悪くなっていることに気が付かないでそのまま演奏していると、それに吹きかたを合わせようとしておかしくなってしまうこともあります。

演奏に変なクセをつけないためには、良いコンディションを保つのが大事。

フルートの場合は、半年を目安に定期点検をおこなうようにするといいでしょう。

面倒でもやっておくと、いつまでも良い演奏ができるフルートになります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介