買取ぞうさんはヨーゼフ オーボエを高価買取中

ヨーゼフは、プロのオーボエ演奏者である仲村幸夫氏によって作られた、日本のオーボエメーカーです。

1986年にリードとアクセサリーを販売する「ムジーク・ヨーゼフ」として東京に設立し、1991年に工場をオープン。

その工場で、オーボエ製作にも取り掛かり始めたのです。

2007年になると、木管楽器製造・販売・修理、楽器付属品・楽譜販売として「株式会社美ら音工房ヨーゼフ」を設立しました。

名前からもわかるとおり、東京から沖縄に移っていますが、他にも国内では大阪、海外ではフランスやアメリカ、ドイツ、台湾に店舗もしくは代理店があります。

無料査定 ここをクリック

ヨーゼフ オーボエについて

ヨーゼフの生みの親は、ドイツでオーボエ演奏をしていた仲村幸夫氏です。

1986年に東京に「ムジーク・ヨーゼフ」を設立し、リードとアクセサリーの販売をスタート。

その傍らで、オーボエ製作の勉強も始めていました。

そして、1991年に埼玉に東松山工場をオープンさせ、オーボエの製作をスタートしています。

でも、仲村幸夫氏はオーボエの演奏はプロでも楽器製作は素人。

そこで、ドイツのオーボエ製作のマイスターであるヘルムート・ハーガー氏に指導をお願いし、数ヵ月後にはオーボエ製作の基礎をマスターし、さらに数ヵ月後には第1号のヨーゼフ・オーボエを完成させたのです。

そして、2007には本社を沖縄に移転。

同時に社名も「ムジーク・ヨーゼフ」から「株式会社美ら音工房ヨーゼフ」に変更したのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ヨーゼフ オーボエの大量買取もお任せください

オーボエメーカーとしてはまだ歴史が浅いですが、その実力からも多くのオーボエ演奏者に知られています。

大阪フィルハーモニー交響楽団の大森悠氏やアーヘン交響楽団のグレイスナー・ブランカ。

国立モンペリエ歌劇場管弦楽団のルーリエ・ジルなど…蒼々たるメンバーに愛用されているのです。

無料査定 ここをクリック

ヨーゼフ オーボエの高価買取り方法について

check1

状態

日本人が作ったメーカーということもあり、馴染みが深い楽器となっています。

日本人特有ともいえる技術面での細かさで、ヨーゼフのオーボエはまだ比較的新しいメーカーとはいえ、中古市場でも注目されています。

プロが好んで使用するのですから、それに憧れる初心者やアマチュアの人などがヨーゼフを中古で購入していくようです。

とはいえ、オーボエはメーカーで選べばいいというわけではありません。

同じメーカーのものでも個体差というのがあります。

ヨーゼフを探していても、実際に吹いて見たらあまりよくなかった…なんてことでは買い取ってもらえなくなります。

他にもヨーゼフのオーボエを持ってきている人がいれば、良い音が出るほうが選ぶでしょうし、査定においても差がでることになります。

査定に出す際には、コンディションも大事にするようにしましょう。

check2

付属品

ヨーゼフは比較的新しいオーボエメーカーですから、付属品がないというのはちょっと厳しい事になります。

さらに、もともとリードやアクセサリーを販売していたのですから、そのアクセサリーも充実しています。

できればセットで査定に出したほうがいいでしょう。

ヨーゼフのアクセサリーとしては、完成リードやリードケース、羽根、クリーニングクロス、スワブ、ヘットマンコルクグリス、シガレットペーパー、ケーン、チューブ、マンドレル、リードカッター、リード糸、プラーク、フィッシュスキンなどがあります。

check3

まとめて

ヨーゼフが作るオーボエは、プロのオーボエ演奏者から高い評価を得ています。

まだ最初の頃である1991年にオリジナルのヨーゼフ・オーボエが完成した際には、当時のバイエルン放送交響楽団主席奏者であったマンフレート・クレメント氏に「これは神からオーボエ演奏者への贈り物だ」といった逸話があるほど。

実力のある人からそれだけ絶賛されているのですから、プロが愛用するのも納得です。

ヨーゼフのオーボエは演奏者の視点から徹底チェックされてできた楽器です。

特に海外の…それも質を重視するヨーロッパの演奏者に好まれており、そのクオリティの高さから中古市場でも人気の品となっています。

プロ向けの上級モデルしかないので、日本国内ではまだ知名度も低いですが、いずれは廉価版のスチューデントモデルも販売されるようですので、ますますその需要が増えることと思われます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ヨーゼフ オーボエの掃除方法について

オーボエといった木管楽器は精密に作られていますので、日々の正しいお手入れと管理方法が重要となります。

温度や湿度の変化にとても敏感で、急激な環境変化で木部が変形したり割れができてしまう事があるのです。

寒い冬は楽器が冷えてしまった場合は、まずは掌で優しく包んで温めます。

それからゆっくりと息を通してから吹き始めるようにしましょう。

この際、直射日光や冷暖房で温めるのはNGです。

また、急激な気温上昇も劣化させる原因となりますので、日が当たる締め切った室内や自動車内に放置するようなことは避けます。

また、ヨーゼフのオーボエを購入したばかりの頃は、長時間に渡っての演奏は避けるようにします。

専門的なことについては、ヨーゼフの技術者に聞くのが一番ですから、わからないことがあれば問い合わせてみるといいですね。

日本のメーカーですから、問い合わせもしやすいものといえます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介