買取ぞうさんはシンセサイザーを高価買取中

シンセサイザーとは、演奏する人が自分の理想とする音をつくる電子楽器です。

音素材を合成することで新しい音を作り出します。

最近のシンセサイザーは、基本的に何百もの音色を備えているものがほとんど。

その中から好きな音色を選んで演奏に使っている人が多くなっています。

音色には、ピアノやベース、フルートなど、さまざまな楽器の音色だけでなく、雷や風などの音も含まれてます。

音の高さの調節も、オクターブでも半音でも自由に鍵盤全体の音色を変えられるので、一つの音にとどまらない幅広い演奏が可能となっているのです。

無料査定 ここをクリック

シンセサイザーについて

シンセサイザーは、1952年にアメリカのコロンビア大学で作られました。

自動演奏や多重演奏ができる、音楽製作機能を備えた研究用装置として活用されており、そこまで楽器としては注目されていなかったのです。

それが1964年にムーグのシンセサイザーが完成したのをきっかけに、いろんな音楽シーンで活用されるようになってきました。

今現在、幅広く使われているシンセサイザーは、その見た目が楽器の形をしてはいるものの、中身はコンピューターといったほうが適切。

鍵盤はスイッチのようなものであり、音の始まりや終りなどについて伝えるシステム的な役割をもっています。

つまり、鍵盤が音を出しているわけではないのです。

ですから、鍵盤の変わりにギター・シンセサイザーを接続しても鳴らすことが可能となっています。

パソコンでも出来るほどなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

シンセサイザーの大量買取もお任せください

シンセサイザーは、ビートルズの「アビイ・ロード」というアルバムに収録されている「ビコーズ」や、ロックミュージシャンのキース・エマーソンもシンセサイザーを使用しています。

有名ミュージシャンが使用しているだけに注目度も高く、昔に比べて今では誰でも手軽に使えるようになってきているだけに、中古市場でも需要がある品となっています。

無料査定 ここをクリック

シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

シンセサイザーの歴史は古く、その種類も豊富。

大きく分けてアナログ回線で音を合成するアナログシンセと、楽器内部でデジタル処理をするデジタルシンセといったものに分けられます。

今現代では、後者のデジタルシンセの方が主流となっています。

ブランドでは、ヤマハやコルグ、ローランドが人気で、それは中古市場でも変わりません。

デジタル化がどんどん進んではいるものの、依然としてアナログシンセも不動の人気を誇っています。

デジタルシンセにはない、微妙な音の揺らぎなどに多くの人が惹かれているのです。

なかには、自作のアナログシンセサイザーを作れるキットなども販売されているほどです。

ですから、アナログシンセも中古市場では需要があり、質の良いものだと買取価格も良くなります。

check2

付属品

シンセサイザーであれば、電源コードや説明書、シンセサイザー本体が入っていた箱などは必要。

これらのアイテムが揃っているとかなりのプラス査定になります。

できるだけそろえるようにしましょう。

また、シンセサイザー本体の外見も大事な査定ポイントとなりますので、買取査定に出す際にはその外見をしっかりときれいにしておきましょう。

外見がきたないと印象が悪くなり、中身はしっかりしていてもかなりのマイナス評価になってしまうのです。

やはり、中古とわかっていてもきれいな状態の方が売れやすいからです。

check3

まとめて

中古とはいえ、シンセサイザーに目立った傷や汚れがなく、あまり使用感を感じさせないほどきれいな外観。

必要な付属品はすべて揃っている。

メーカーや販売店などの保証書がついており、いつ・どこで購入したのかが一目瞭然…こんな状態であれば、買取価格もそこまで悪いものにはならないでしょう。

シンセサイザーの買取価格は、こうした外観の良しあし、付属品がどれだけついているかで大きく変わってきますが、
やはりブランドや人気機種、希少な機種、アンティークとして価値のある機種だと買取価格も高くなります。

大体の買取金額としては数千円からで、なかには数万といった買取価格になる事もあります。

なかには10万を超えるモデルもあるほどなのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

シンセサイザーの掃除方法について

シンセサイザーのトップパネルは、柔らかいブラシなどで軽くホコリをささっと取り除くようにします。

手に汗をかいてしまうことからも、その汚れがひどくついてしまいがちな鍵盤は、材質によって手入れ方法が異なりますので注意が必要。

必ず、取扱い説明書を確認してからおこなうようにします。

シンセサイザーは楽器というよりは電子機器なので、その扱いには注意が必要となります。

ベンジンやシンナー、洗剤などをつかうことで内部にダメージを与えてしまう事もありますし、化学ぞうきんについても変色や変質といった可能性もあります。

柔らかい布もしくは、水を固く絞った柔らかい布などでこまめに手入れをしておくのが無難かもしれません。

水拭きをした後は、空拭きもしておくと安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介