買取ぞうさんはSANKYO サンキョウ フルートを高価買取中

「SANKYO( サンキョウ)」フルートでは、その製作工程のほとんどがハンドメイドスタイルとなっています。

小さなパーツ一つ一つを熟練したスタッフが手がけており、その出来栄えは世界でも高く評価されています。

三響フルートといえば、14Kゴールドが代表的なフルートです。

また、他のメーカーに先駆けて開発した18K、24Kゴールド。

ニューEメカシステムなど、いくつもの先進技術の開発もしているメーカーです。

さらに、サンキョウ フルートには全長45cmといった子供用のフルートも用意されています。

3〜4歳から使用可能ということからも、早くから始めたいと考えているご家庭に注目されています。

無料査定 ここをクリック

SANKYO サンキョウ フルートについて

サンキョウ フルートが作られたのは、1968年。

東京に三響フルート製作所を、埼玉にも工場を設立し、11月に記念すべき第1号フルートを完成させました。

1976年には埼玉県の狭山市に本社を移転し、1990年には社名を「株式会社三響フルート製作所」に変更しています。

翌年にはニューEメカシステム実用新案を取得し、三響フルートのマークは1995年に商標登録しました。

さらに、同じ年に世界初ともなる24Kゴールドフルートを完成させています。

2001年には木管フルート、そして金属管ピッコロを完成。

都内に再び「フルート工房・三響」を開設し、半年後にはフルート教室も開いています。

子供用のフルートも製作していることからも、年齢を問わず愛用されている日本のメーカーとして、今日まで発展してきているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

SANKYO サンキョウ フルートの大量買取もお任せください

国内メーカーとして数々の開発をおこない、次世代ともいえるようなフルート作りが注目されているプリマ フルート。

精巧なメカニズムに美しい仕上がり、そして透き通るような上品な音色。

歴史はまだ浅いとはいえ、すでにサンキョウ フルートとしての伝統が確立されてきています。

無料査定 ここをクリック

SANKYO サンキョウ フルートの高価買取り方法について

check1

状態

限定モデルとして、三響の創業記念モデルといったモデルが発売されています。

Ag950をベースに10K金製の彫刻入りリッププレートとダイヤモンドカットのリングが装飾されており、金額は数十万です。

こうした記念品モデルは、時が立つほどマニアに間では価値が高まります。

ですから、使わなくなった時に買取してもらう際には、コンディションがよければ買取価格も期待できるものとなるのではないでしょうか。

このサンキョウ フルートの記念モデルにはC足部管とH足部管とあり、後者の方が金額が若干高いものとなっています。

PORTER特製フルートバッグといった付属品があるのとないのとでは違ってきますので、できれば揃えて出すようにするといいです。

check2

付属品

サンキョウ フルートにはオプションも用意されています。

ニューEメカシステムやG-Aトリルキー(ニ穴式)、Eメカニズム、C#トリルキー、F#メカニズムなど、そうした装備によっても買取価格が異なる事もあります。

さらに、ヘッドジョイント、ヘッドコルク、クラウンにもさまざまな材質が使われています。

どういったオプションがついていて、材質は何か、査定に出す前に自分でも把握しておくようにしましょう。

詳細なデータがあると、査定においても好印象です。

check3

まとめて

サンキョウ フルートは、中古市場でもよく目にするフルートです。

インターネットのオークションに出品する人も多く、高いものでは中古とはいえ数十万といった取引がされています。

平均的には5万から10万までの買取価格となっているだけに、モデルによっても買取金額が大きくなることもあるのです。

中古としてもよく出回っているだけに、買取価格を上げるには、やはりフルートのコンディションがよくなくてはいけません。

見た目はもちろん、演奏具合も満足してもらえるようでなければ、期待するような買取価格をつけてもらうことはできないのです。

買取価格を上げるには、普段のお手入れがなにより。

大切に使っているといつまでも良い音色を聞かせてくれますので、演奏後のお手入れは欠かさないようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

SANKYO サンキョウ フルートの掃除方法について

フルートのお手入れは大変そうに見えますが、基本的には水分に気をつけるようにするだけ。

演奏が終了したら、管体の中に発生した水分をしっかりと拭き取ります。

外側には指紋や皮脂汚れなどがべったりとついていますから、それらも丁寧に拭き取るようにします。

フルートの部品には触ってはいけない部分というのもありますが、慣れてくればそこまで気にならなくなるでしょう。

演奏後のお手入れだけでなく、フルートには定期的なお手入れも必要です。

大体、半年から1年に1回は点検に出すようにしましょう。

ハードな練習をされる方や、だいぶ年数が経ってきているサンキョウ フルートであれば半年に一度の点検がおすすめです。

点検に出す事で、普段なかなか気が付かない細かい部分のお手入れもできますので、面倒でも欠かさずにやっておくようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介