買取ぞうさんはElektron (エレクトロン)シンセサイザーを高価買取中

Elektron(エレクトロン)は、1998年にスウェーデンのヨーテボリで設立された会社です。

今では世界に100もの販売代理店が存在するまでになっており、東京には2012年にオープンしています。

海外ブランドのシンセサイザーとはいえ、日本でも身近な存在なのです。

製品としては、「Analog Keys」「Analog Four」「Octatrack DPS-1」「Monomachine SFX-60+ MKII」
「Machinedrum SPS-1UW+ MKII」と展開されています。

鍵盤があるのは「Analog Keys」です。

無料査定 ここをクリック

Elektron (エレクトロン)シンセサイザーについて

スウェーデンの小さな会社からスタートした「Elektron(エレクトロン)」。

今では世界中で愛用されるブランドとなっています。

シンセサイザーに触れたことがある人であれば、誰もが一度は耳にした事があるのではないでしょうか。

各国のディストリビューターを通して活動していたのが、近年ではもっとユーザーと近い距離で対応できる体制作りをおこなっています。

2012年2月にできた「エレクトロン・ジャパン」もその一つで、日本でも購入しやすくなりました。

メーカー独自の長期保証やスピーディーなユーザーサポートなども可能となり、より満足してもらえるサービスを受けやすくなったのです。

今では、日本を含む100以上の代理店が世界中にある、世界的なブランドにまで成長しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

Elektron (エレクトロン)シンセサイザーの大量買取もお任せください

エレクトロンでは、「音楽を作るということは本来的には楽しくなければならない」ということをコンセプトにしており、手作業で作ったハードウエアのみを取り扱っています。

有名なミュージックアルバムなどでもその音色を聞くこともあり、中古市場でも注目されているブランドです。

無料査定 ここをクリック

Elektron (エレクトロン)シンセサイザーの高価買取り方法について

check1

状態

Elektron(エレクトロン)のシンセサイザーのなかでも、1988年に発売された「KORG M1」や、1991年に発売された「Roland JD-800」などは、初期のデジタルサウンドともいえるだけに、今でも根強いファンがいます。

「KORG M1」は、「Music Workstation」というコンセプトから作られたモデルで、今のワークステーション・シンセサイザーの原点ともいえます。

「Roland JD-800」は、きらびやかなサウンドと快活なインターフェースで、ファンに衝撃を与えたモデルです。

創作活動において大きな刺激となったりするので、中古として探している人もいます。

最新のシンセサイザーはもちろんですが、古いモデルでもまだまだ必要とされているものもあるのです。

check2

付属品

シンセサイザーで必要となるアイテムは、保護するケースはもちろんですが電源やパッチケーブルなどです。

モデルに合わせて用意するといいでしょう。

特にパッチケーブルはモジュールを接続するためのケーブルであり、オーディオ信号やCV、GATEなどのモジュールを制御するための信号を送るという大切な役割を持っています。

さまざまな長さのものをそろえておくと、買取査定においても好印象です。

とはいえ、ほとんどのモジュールに電源と接続するためのケーブルが付属品としてついています。

なかには付属していないタイプもありますので、メーカーサイトなどで確認して、ついているようであればセットにして持っていくようにしましょう。

check3

まとめて

シンセサイザーのなかでも、どちらかというと高い買取査定を期待できるのがアナログシンセサイザー。

アナログシンセサイザーとは、その名の通りアナログ回線を使って構築されているモデルで、1980年代中頃まで売れていました。

デジタルシンセサイザーが浸透するにつれて衰退してきましたが、デジタルでは表現できない独特の音色に魅了されている人は多数います。

アナログシンセサイザーの独特の音色と機能は、特に古きよき時代を踏襲しようとしているこだわり派のミュージシャンに人気。

改めて昔のモデルが注目されているだけに、Elektron(エレクトロン)の古いシンセサイザーも中古市場でもそれなりの需要があるものとなっています。

ヒット作として知られているモデルは、良い買取価格が期待できるかもしれません。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

シンセサイザー Elektron(エレクトロン)の掃除方法について

Elektron(エレクトロン)は日本にも代理店が出来たため、その購入だけでなく、トラブルやメンテナンスなどの相談がしやすくなりました。

取扱店は東京だけでなく新潟、京都、大阪など、全国に散らばっているのも、ユーザーとしては使いやすく、何かあったときに持って行きやすいものとなっています。

さらに、すべての製品が3年間保証つきとなってます。

自分で手軽にできるお手入れとしては、やはり鍵盤部分には気をつけなくてはいけません。

すき間からホコリが入り込みやすく、手垢などで劣化しやすいものとなっています。

そのまま放置していると、音が出にくいといった支障もでるようになってしまいますので、たまには柔らかい布で拭いたり、ホコリや小さいゴミなどをとりはらうようにしておきましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介