買取ぞうさんはローデンシュトックレンズを高価買取中

ローデンシュトックレンズは、ドイツの光学機器専門メーカーが製造するレンズです。

ヨーゼフ・ローデンシュトック(Josef Rodenstock )が1877年に創設。

レンズには、日本のレンズメーカーとは異なるドイツカラーが感じられるものとなっており、品質第一主義とした高級品となっています。

近年においては大判用レンズが主力となっておりますが、どれをとっても他のメーカーにも引けをとらないほどの実力のあるレンズ。

ちなみに、1930年代から1950年代まで、レンズだけでなくカメラも製造・販売していました。

その種類は、十数種類ほどといわれています。

無料査定 ここをクリック

ローデンシュトックレンズについて

ローデンシュトック(Rodenstock)は、1877年にヨーゼフ・ローデンシュトックが創立したドイツの光学メーカーです。

二代目にはアレキサンダー・ローデンシュトック、三代目にはロルフ・ローデンシュトック、そして4代目のランドルフ・ローデンシュトックが現在のCEOを務めています。

レンズ以外にはメガネ、光学用精密工作機、コンピューターサービス、医療用光学機器など、さまざまな製品を製造・販売しています。

その品質はどれも高く、高級品といったレベルのものとなっています。

近年では大判用レンズを中心とした製造をしており、カール・ツァイスやシュナイダー・クロイツナッハと並ぶほどの大手レンズメーカーの一つとして、確かな地位を確立しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ローデンシュトックレンズの大量買取もお任せください

一眼レフなどの所有している人にとっては知っている人も多い、ドイツのローデンシュトックレンズ。

撮影シーンに応じてレンズの種類を使い分けていく中で、ローデンシュトックレンズは交換用レンズとしても人気があるものとなっています。

ローデンシュトック自体が高級品としての品質の高さを求めているので、おのずとその評価が高く、使用することでその良さが体感できるレンズとなっています。

当店では生産終了となったローデンシュトックレンズから人気のローデンシュトックレンズまで、さまざまなローデンシュトックレンズを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ローデンシュトックレンズの高価買取り方法について

check1

状態

ローデンシュトックレンズは、デジタルカメラ用もありますが、広角レンズやマクロ撮影用など、撮影方法に合わせたレンズを多数用意しているので、カメラ愛好家に人気のレンズとなっています。

物がいいので、慣れてくるとさらに上級モデルを購入される方も多くいます。

そのため、ローデンシュトックレンズの需要は常にあるので、査定において高価買取してもらえることも少なくありません。

「レンズは資産」ともいわれていますから、査定に出す前にはその状態をしっかりとチェック。

レンズ面に傷やカビなどがないかどうか確認します。

他にも、レンズフード装着溝が割れていないか、ヘリコイドは正常に動くか、リングの溝がすり減っていないか、指標が薄くなっていないかなど細かいところまで見ておきましょう。

check2

付属品

ローデンシュトックレンズの査定であれば、レンズキャップやフードは基本です。

また、複数枚を一緒に査定に出すと、高額査定が出やすくなります。

そしていつ頃に購入したのか、それは中古でなのか…購入した当時についていた付属品と同様、購入した時の状況も聞かれますので、当時の事をしっかりと答えられるようにしておくといいです。

レンズ同様、付属品もきれいな状態ですと買取価格も上がります。

大きな傷がついてしまうとその価値を大きく下げてしまうので、日ごろから傷がつかなようにカバーなどの保護アクセサリーを使用していると印象も良くなります。

check3

まとめて

ローデンシュトックレンズを高額買取してもらうには、まずはレンズに大きな傷がついていないことが絶対条件です。

他にも、レンズの絞り込みをおこなうパーツが正常に作動するかどうか…これも大事なポイントですので、忘れずにチェックするようにしましょう。

レンズはとてもデリケートな製品なので、常日頃から丁寧に扱い、使い終わった後はきちんとケアをすることで、高品質な状態を維持できます。

指紋やほこりなどの汚れが付着している場合は、柔らかい布でなどで拭き取り、分解できる部分に関しては出来る範囲でおこない、各パーツをきれいに掃除しておきましょう。

ただし、無理のない範囲で大丈夫です。

そうした手間が、査定において良い印象を与えます。

日本全国送料無料

カメラを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ローデンシュトックレンズの掃除方法について

くもりやカビ、キズ、バルサム切れといったトラブルは、レンズにとっては致命的です。

まだごく初期のトラブルであればそこまで撮影に影響がないでしょうが、それを放置しておくことで撮影ができなくなってしまいます。

使用している人が自宅でできる、ごく一般的な修理や清掃というのは、ダメージがひどくなった状態では無理です。

通常の修理では手に負えなくなる前に、日ごろからしっかりとケアしておきましょう。

もし、ダメージが深く大きくなってしまったら、そこは無理をしないで、修理や点検などを専門とする業者にんに頼んでやってもらうようにします。

ダメージにもよりますが、レンズを研磨してひどくなったくもりやカビ、キズなどをきれいに取り除いてくれます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介