買取ぞうさんはカメラ 映像機器を高価買取中

しまって使わなくなったカメラございませんか?

多くの人が、今や当たり前のようにもっているカメラ。
写真を撮影するための道具として、被写体の像を写真フィルムなどに投影し、正確な露光を与える為の装置です。
さまざまなメーカーから発売されており、その機能も常に進化しているため、使い方を覚えるのも一苦労です。

ここでいうカメラとは、動画を撮影するビデオカメラとは異なる「スチルカメラ」をいいます。
遮光されたボディにレンズ、シャッター、ファインダー、焦点調節装置(ヘリコイド)、フィルム装填部から成り立っており、一般的にはフォンダ—で分類されています。
一眼レフカメラ、二眼レフカメラ、ビューカメラ、デジタルカメラなどです。

当店では中古のカメラを買取しております。
しまっているカメラがありましたら、是非ご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

カメラ 映像機器について

カメラが発明される元祖ともいえるのが、カメラ・オブスキュラです。

窓のない真っ暗な部屋の壁面に小さな穴を空けると、反対側の壁面に外の景色が映し出される…それを利用して作ったものでしたが、16世紀になると穴の代わりにレンズに変わり、より鮮明な像を得ることができるようになりました。
しかも、携帯用として持ち運びができる形へと改良されています。

その後、1824年にニセフォール・ニエプス氏が「ヘリオグラフィ」という写真を発明したことにより、カメラ・オブスキュラに画像を定着させることを可能にし、1839年にはルイ・ジャック・マンデ・ダゲール氏によって実用的写真術「ダゲレオタイプ」を発表。
その後も目覚ましいスピードでどんどん技術開発が進んでいったのです。

19世紀になると、写真フィルムが普及するようになり、コンパクトで手軽に写真が撮影できるカメラが完成。
その後、一般にも浸透していくようになりました。
現在では、フィルムだけでなくSDカードなどのデジタル記録で自由に選択・保存ができるようにまでなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

カメラ 映像機器の大量買取もお任せください

種類も大きさも…実に多彩な展開となっているカメラ。
カメラ初心者に人気なのがデジタルカメラで、上級者ともなると一眼レフなどのちょっと技術が必要となるカメラを愛用しています。
デジタルカメラは進化は目覚ましく、次々と便利な機能を搭載したカメラが発売されています。
それとは逆に、アンティークとして古いカメラも愛用者には根強い人気となっているようです。

当店では生産終了となったカメラから人気のカメラまで、さまざまなカメラを買取査定いたします。
大量買取りもおこなっておりますので、是非当店までご相談ください。

無料査定 ここをクリック

カメラ 映像機器の高価買取り方法について

check1

状態

やはり、買取査定において基本となるのが「きれい」な状態であること。

また、「欠品がない」のも大事なポイントとなります。 汚れやほこりが付いているようでは、どんなに良いカメラでも印象が悪くなってしまいます。 持ち来んでみてもらう際には、しっかりと清掃してきれいな状態にしてからにします。 また、カメラに傷が付いていると減額の対象となってしまいますし、指が頻繁に当たる部分や服でこすれてしまいやすい部分などがテカっていると、これも使用感が強いという事で減額の対象になります。 さらに、カメラは発売日から遠ざかる…つまりは製造年月日が古くなるほど、その価値は下がっていきます。 デジタルカメラであればこの影響は特に強く影響を与えるものとなります。 売るのであれば、次のモデルが発売される前がいいでしょう。

check2

付属品

高価買取を狙うのであれば、付属品の存在は欠かせません。 保証書や取扱い説明書などの基本的なものは、予備も含めてなるべく多く揃えて査定にだすようにしましょう。 カメラの付属品は、全部揃っていないと買い取ってもらえない事もあります。 デジタルカメラであれば、専用の充電器やバッテリーがついているのは必須とも言えるでしょう。 また、購入した時に入っていた箱…つまりは化粧箱なども一緒にほしいところ。 購入した当時の品がすべてそろっていると、印象もかなり違うものとなりますので、なるべくそのまま残しておきます。 ちなみに、一眼レフなどの付属品であるレンズ。 カメラ本体はダメでも、レンズだけの買取も可能な場合があります。 まずは持っていき、見てもらうようにしましょう。

check3

まとめて

カメラは精密機械でもありますので、どんなに大切に使っていたとしても、長く使う事で劣化していきます。

故障や摩擦などもみられるようになります。
しかも、レンズなどは保管場所や方法によっては内部にカビが発生することもありますし、ホコリが入り込んでしまうことも…。

このような状態になってしまったら、カメラを分解してきれいに清掃する必要があります。

こうしたカメラの修理やオーバーホール、プロの技術者による分解清掃などをしたカメラはその価値が低くなってしまう…
そんなイメージがありますが、実はこれがそうでもないのです。
きちんと手入れされたカメラというのは、通常の買取価格よりも高い金額がつくこともあるのです。
ですから、過去に修理したりオーバーホールを頼んだことがあるようであれば、それも一緒に伝えるようにしましょう。

日本全国送料無料

カメラを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

カメラの清掃方法について

カメラは野外に持って行って使う事もあるので、汚れもそれなりに溜まってきます。
精密機関でもありますので、しっかりとお手入れをすることで長持ちするようになりますし、なによりも撮影もきれいな出来上がりとなります。

特に一眼レフカメラなどのレンズが大きいもの、構造が複雑な機種は気を付けなくてはいけません。
気持ちよく撮影するためにも、使い終わった後は丁寧にお手入れするようにしましょう。
機種によってお手入れの仕方は異なりますので、しっかりと取扱説明書などを参考にお手入れを施していきます。

また、保管場所にも注意。
ホコリは大敵なので、カメラを使わない時は保管するケースに。
密封することで湿気が入り込むのを防げるので、カビの発生を抑えることもできます。
もっとしっかりとした保管をしたいのであれば、防湿庫(密封ができるカメラ専用のキャビネット)を使うのがおすすめです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介