買取ぞうさんはハンディーカム カメラを高価買取中

ハンディーカム(Handycam)は、カメラ業界でもお馴染みのソニーが製造・販売している家庭用カムコーダ—のブランドの一つです。

カムコーダーとは数あるビデオカメラの種類の中の一つで、撮影部分と映像部分を一体化したものです。

一般的にビデオカメラと呼ばれているものは、このカムコーダーです。

ソニーではこの「ハンディーカム」を登録商標にしています。

他のメーカーでもさまざまなブランド名で発売されていますが、ソニーの「ハンディーカム」のように長く使われ、広く浸透している製品はないといえるでしょう。

無料査定 ここをクリック

ハンディーカム カメラについて

ハンディーカムの撮影用メディアは、8ミリビデオ方式からHi8方式、DV方式、Digital8方式、MICRO MV方式、DVD方式、内蔵HDD記録方式、メモリ方式など、メディア媒体を変えながら時代と共に進化しています。

記念すべき初期の製品は、1985年に発売された8ミリビデオの録画専用機「CCD-M8」。

片手でも使えるように小型化し、再生できるように8ミリビデオデッキ「ウエルカム」も同時に発売されています。

1989年には当時のパスポートに隠れるぐらいの大きさの「CCD-TR55」を発売し、これが大ヒットとなりました。

1995年にはファインダーの代わりにカラー液晶画面を搭載。

1998年にはminiDVメディアを用いて縦置きの「DRV-PC1」を発売。

2003年には当時では世界最小となるMICROMVメディアを用いた「DCR-IP1K」を発売し、ハンディーカムの進化もめざましいものとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ハンディーカム カメラの大量買取もお任せください

テレビコマーシャルでも一躍有名なハンディーカム。

入学式シーズンや運動会シーズンが近づくと、ハンディーカムを使った映像が流れていましたが、それは世のお父さんお母さんたちの気持ちを代弁したかのような内容で、たくさんの人の心に深く印象に残るものとなっています。

子供の成長を残す、そのアイテムとして、ハンディーカムはぴったりとイメージに当てはまったのです。

当店では生産終了となったハンディーカム カメラから人気のハンディーカム カメラまで、さまざまなハンディーカム カメラを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ハンディーカム カメラの高価買取り方法について

check1

状態

時代と共に進化してきたハンディーカム カメラ。

その録画方式も変化してきており、今ではDVDやHDD、フラッシュメモリなどの媒体に動画を記録するタイプが主流となっています。

メモリーカードやハードディスクパックも定番化しつつあります。

ニーズに合わせた使いやすさが売りのハンディーカムですから、特に小さなお子さんがいる家庭には需要が高いものとなっています。

なかでも「HDR-CX535」は、空間光学手ブレ補正といった最新技術を採用しするだけでなく60倍光学ズーム機能を搭載。

これらの優れた機能で、動画撮影初心者でもきれいに撮影できると人気の機種になっています。

そのため、中古市場の査定においても高値で買い取られています。

check2

付属品

ハンディーカムのアクセサリーも豊富で、ソニーからはさまざまな種類で販売されています。

バッテリーやアダプター、チャージャー、ワイドコンバージョンレンズ、フィルターキット、レンズフード、ビデオライト、ビデオフラッシュ、リモコン、HDMI身にケーブル、i.LINKケーブル、ポータブルスピーカー、ケース、バッグ、テレコンバージョンレンズ、マイク、三脚、一脚、レイン&スノージャケット、ショルダーベルト、AVケーブルなど。

撮影を快適にするアイテムだけでなく、周辺機器との接続を容易にするアイテムもたくさんあるのです。

check3

まとめて

近年において、ハンディーカムの価格がどんどん下がってきています。

まだ発売され始めた頃は10万といった金額だったのが、今では数万といったお手頃価格になってきているのです。

次々とハイエンドモデルが発売されているので、それが当たり前になりつつあり、顧客獲得のためにもそう高い価格を提示できなくなってきているようです。

価格の低下は中古市場ではさらにひどいものとなっており、最新機種はそこそこの金額ではあるものの、機能が古い機種となるとあまり査定額もよくないようです。

最近では、2014年の春に発売された「ハンディーカム FDR-AX100」が発売されていますが、これは「4Kビデオカメラ」と呼ばれています。

新しい技術が強調されるほど古い機種は値下がりしますので、買い替えを考えているのであれば、早めに査定に出すのがいいでしょう。

日本全国送料無料

カメラを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ハンディーカム カメラの掃除方法について

ハンディーカム カメラの状態をよく保つには、日常的なお手入れが欠かせません。

お掃除アイテムとしては、ブロアーとクリーニングクロスは必須。

逆にシンナーやベンジン、アルコール、化学ぞうきんなどは、ハンディーカム カメラに使う事で塗装がはげたり、レンズや液晶表面にダメージを与える事もあるので注意するようにしましょう。

掃除箇所は全体、レンズ、液晶モニターとありますが、基本的にはブロアーでゴミやほこりを吹き飛ばしてクリーニングクロスで拭くという流れとなります。

レンズはハンディーカム カメラの電源を入れてレンズカバーを開けて行い、液晶モニターは電源を切って真っ黒の画面にして掃除します。

お手入れが終わったら、ホコリや湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介