買取ぞうさんはウルトラゾーン(ULTRASONE)を高価買取中

ウルトラゾーン(ULTRASONE)は1991年に設立された、ドイツのミュンヘンにある音響器メーカーです。

ヘッドホンを中心に、独自に開発したシステムが人気となっています。

日本での販売は、株式会社タイムロードがおこなっています。

タイムロードが取り扱う前は、SAECが販売店となっていましたが、その時は「ウルトラゾーネ」と呼ばれていました。

取り扱うモデルはeditionシリーズ、Signatureシリーズ、Performanceシリーズ、HFIシリーズ、PROシリーズ、DJシリーズ、earphoneシリーズ、GOシリーズなど。

終了したモデルもいくつかあります。

無料査定 ここをクリック

ウルトラゾーン(ULTRASONE)について

ドイツの音響器メーカーのウルトラゾーン(ULTRASONE)。

多種多様なシリーズを展開しています。

ウルトラゾーンのヘッドホンの特徴としては、S-LOGICナチュラル・サラウンドサウンド・システムとウルトラ・ロー・エミッション(ULE)、そしてSafer hearingです。

S-LOGICナチュラル・サラウンドサウンド・システムとは、ヘッドホンの位置を従来とは異なる場所に変える事でスピーカーに近い自然な音を再現。

全体的な形状を最適化したS-LOGIC Plusを一部のモデルに適用しています。

ウルトラ・ロー・エミッションとは、マックスで98%という高確率な電磁波低減を実現するもので、長時間の使用による健康面への害を予防するものとしています。

そして、Safer hearingとは、S-LOGICの効果により、-3dB低い音量でも聴感上では同じ音圧を得る事ができるようにしたものです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ウルトラゾーン(ULTRASONE)の大量買取もお任せください

ドイツの音響器メーカー・ウルトラゾーン(ULTRASONE)が作るヘッドホンは、幅広いラインナップに独自システムの採用で人気も高い商品となっています。

耳に優しいヘッドホンとしても有名で、健康面を考えて購入する人も少なくありません。

無料査定 ここをクリック

ウルトラゾーン(ULTRASONE)の高価買取り方法について

check1

状態

基本的にヘッドホン本体だけでも売れますが、買取金額が低くなってしまいます。

箱やケースなどがあるのとないのとでは大きく変わってきますので要注意。

また、ヘッドホンのモデルによって需要が異なりますので、それによっては買取価格が変動することもあります。

その時の状況で何が求められているのか、それによって金額も変わってくるのです。

そして、故障などのトラブルがあるヘッドホンは査定に出すのを諦めてしまいがちですが、中には修理をおこなうことで再販できる場合もあります。

音が出ないなんてトラブルがあっても、とりあえず持って行って見てもらいましょう。

もしかしたら、買い取ってもらえるかもしれません。

check2

付属品

海外製のヘッドホンには国内正規品と並行輸入品(直輸入品)とあり、保証書で判断するところもありますので、これは絶対に忘れないようにしたいもの。

モデルによっても違いますが、リモートマイク付きOFC ケーブルやクリーニングクロス、キャリングバッグ、製収納ボックス、ステレオミニプラグ、クリーニングクロス、交換イヤパッド、各種コード類などです。

消耗品は仕方がないにしても、それ以外はなるべくセットにして出すようにします。

プレーヤーやアンプなどの周辺機器もあると好印象。

一緒に売れるかわからない時は、とりあえず持っていくようにしましょう。

check3

まとめて

ウルトラゾーンのヘッドホンには、すでに生産・販売が終了したモデルもあります。

ですが、その人気の高さから再販されたりバージョンアップが施されている事も。

editionシリーズの「edition 5」は555個限定販売で、その価格も50万近いハイエンド・ヘッドホンです。

HFIシリーズの「HFI-2200ULE」や「HFI-2200」は独自のカラーリングで「クマホン」と呼ばれて知られています。

同シリーズの「HFI-100」は、初代モデルとして10年間も販売され続けたヒット商品です。

現在、販売されているモデルだけでなく、こうした生産終了したモデルも高値で買い取ってもらえることもありますので、古いモデルも持って行ってみる価値はあります。

日本全国送料無料

ホビーを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ウルトラゾーン(ULTRASONE)の掃除方法について

使っているうちに内部異常が発生した場合、本体内部で接触不良を起こしていることもあるので、分解して修理することになります。

ケーブル交換が可能かどうかでも、修理作業は変わってきます。

リケーブルモデルのヘッドホンなどは、ケーブルの抜き差し時にジャックに負担がかかってしまい、ここが致命傷になることもありますので要注意です。

ジャックのユニットはプラスチック製でできていることもあるので、完全に壊れてしまう事も。

こうした不具合は、プロに任せるのが一番安心です。

また、ウルトラゾーンに使われているイヤーパッドは値段がちょっと高めです。

消耗品ですから使い続ける中で交換が必要になるとはいえ、その金額は決して安くないので、なるべく長持ちするようにこまめに手入れはしておいたほうがいいです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介