買取ぞうさんはイヤホンを高価買取中

オーディオなどの音響機器から音楽を聴く際に使われるイヤホン。

オーディオ性能だけでなく音響性能も向上しているので、小さいながらもダイナミックで臨場感あふれるサウンドを楽しむことができます。

イヤホンは構造や素材などで音質が異なりますが、音が漏れにくい、耳が痛くなりにくい、運動中でも使えるなど、それぞれに特徴を持っていますので、どんな使い方をしたいのかで選ぶ必要があります。

種類としては、インナーイヤー型やカナル型、ヘッドバンド型、ネックバンド型、耳かけ型、クリップ型などです。

また、高音でクリアな音を楽しみたい人には、バランスド・アーマチュア型のイヤホンが人気です。

無料査定 ここをクリック

イヤホンについて

いつでもどこでも自由に音楽を楽しむことができるイヤホン。

イヤホンの種類にはドライバーユニットと呼ばれる駆動形式やダイナミック型、バランスド・アマチュア型などがありますが、主流ともなっているのがダイナミック型です。

ダイナミック型は一般的なスピーカーと似たようなつくりなので繊細さには欠けてしまいますが、価格が安く広い音域をカバーできます。

ちなみに、バランスド・アマチュア型は補聴器などでも使われているもので、細かい表現力に長けています。

小型化が可能で、音声信号の変化にも臨機応変に対応していくといった強みがあります。

他にもいくつか種類がありますが、どの種類でも性能に差がなくなってきているので、最終的には自分の音域で選ぶ人が多いのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

イヤホンの大量買取もお任せください

部屋でゆっくりと音楽を、そして外出時に音楽を楽しめるイヤホン。

リーズナブルな価格で購入できるものあれば、リアルに再現した高音質のものまで、さまざまなイヤホンが流通しています。

若者を中心に人気アイテムとなっているだけあって、中古市場でも必須にアイテムとなっています。

無料査定 ここをクリック

イヤホンの高価買取り方法について

check1

状態

故障して使えないなんてイヤホンは問題外ですが、型式や年式、そして外見上の見栄えで査定額が大きく変わります。

お店のほうできれいに掃除するだろうと考えている人もいますが、手間がかかるイヤホンは買取価格も下がりますので要注意です。

査定に持ち出す前にしっかりときれいにしておきましょう。

特に肌に触れる部分や耳に触れる部分は念入りに。

汗や耳垢などが付いていると一般的な買取価格の半額にまで下がってしまう事もあるのです。

また、一部のイヤホンでは、国内正規代理店の保証書が付いていない、海外購入品や平行輸入品、型番などがわからない商品、改造されたイヤホンなどは買い取ってもらえないこともあります。

もちろん、模造品や盗難品などは問題外です。

check2

付属品

人気のあるイヤホンであっても、付属品がなかったり専用のアクセサリーがついていなかったりすると、買取価格は大きく下がります。

購入した時に入っていた箱はきれいな状態であると価値が上がりますので、汚さないように大事に保管しておきましょう。

査定に出す前には、箱や保存袋、交換パーツはすべてそろっているか?

パッドの汚れや本体の傷、汚れは可能な限り落とせているか?

発売された年や使用年数、頻度は把握できているか?

…などをしっかりとチェックしておきましょう。

check3

まとめて

イヤホンの中でも定番となっているのが、Creativeのインナーイヤー型イヤホン「EP-630」やフィリップスのヘッドフォンインイヤーカナル式「SHE9710」など。

どちらも2千円以下で音量がいいとプロも絶賛。

楽器の響きや余韻などもきれいです。

また、価格は1万円近くになりますが、抜群の装着性や着脱式ケーブル、クリアな音質を持つSHUREの高遮音性イヤホン「SE215」。

ホワイト・ブラック・ブルーのスペシャルエディションとありますが、スペシャルエディションが初音ミクのカラーだとして予約から多かったモデルです。

他にもmoshi audioの「vortex」やロジテック「アルティメットイヤーズ 600vi」、SHUREの「SE535 Special Edition」など…他にも特徴あるイヤホンがたくさんあります。

こうした人気モデルは高値で買い取ってもらえる可能性が高いです。

日本全国送料無料

ホビーを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

イヤホンの掃除方法について

イヤホンは意外と汚れが溜まりやすいものでスピーカーが汚れていると音質にも影響を与えていきます。

ホコリが溜まりやすいので、耳に入れる外側部分をぬるま湯や石鹸を含ませた布などで丁寧に拭き取ります。

金属部分は乾いた歯ブラシでブラッシングします。

カナル型イヤホンの場合はラバー部分が取り外せるので、ウエットティッシュなどできれいに拭きます。

イヤホンジャックも汚れが付きやすくホコリもたまりやすいので、まずエアダスターなどで軽く吹き飛ばし、ウエットティッシュで少し湿らせた綿棒で中をきれいにします。

もしもイヤホンの音が聞こえなくなったり、曲の途中でプツプツ音が途切れるようになったら修理にだしましょう。

場合によっては本体がまだ正常であることもあり、修理することで元のコンディションに戻ることもあるのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介