買取ぞうさんは音茶楽(おちゃらく)ヘッドホンを高価買取中

音茶楽(おちゃらく)Sound Customizeは東京にある日本のメーカー。

そこで目指すのは、耳にやさしいイヤホンです。

聴覚についての研究もおこない、新しい発想による音響回路を開発し、従来のカナル型に見られる高音域の不快感を解消しています。

特許を取得しているTornado equralizer技術による、使う人に合わせてカスタマイズ。

装着感もよく、耳に優しく心地よい音を再生する製品を作っています。

無料査定 ここをクリック

音茶楽(おちゃらく)ヘッドホンについて

東京にある音茶楽(おちゃらく)Sound Customizeは、2010年に山岸亮氏によって設立されたメーカーです。

山岸亮氏は、ソニーでヘッドホンやスピーカーの開発・設計に携わっており、ヘッドホンの音響回路(通称ターボ回路)やニアフィールドスピーカー(通称カネゴン)、パーソナルフィールドスピーカーなど、多数の製品開発に関わっていました。

出願特許も多数おこなっています。

音茶楽をスタートさせた同年には、ヘッドホンの音響回路「Tornado equralizer」を発明し、翌年には特許を取得しています。

ちなみに、お店は趣味でもある中国茶や紅茶なども取り扱っています。

そこまで知名度は高くないものの、イヤホンにこだわる人にとっては注目されているガレージメーカーの一つなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

音茶楽(おちゃらく)ヘッドホンの大量買取もお任せください

知名度はそこまで高くないですが、イヤホンやヘッドホンのメーカーを集めたヘッドホン祭りなどのイベントでは高く評価されています。

Olasonicの「TW-D7シリーズ」や「Flat4-玄(KURO)」など、個性的なガレージメーカーとして中古市場でも注目されています。

無料査定 ここをクリック

音茶楽(おちゃらく)ヘッドホンの高価買取り方法について

check1

状態

ソニーなどで培った設計技術を持つ、音響のプロが作る音茶楽のイヤホン。

その性能の良さからも、オーディオ業界だけでなくイヤホンにこだわりをもつ一般のユーザーからも注目されています。

特に、そのデザインにケヤキの芯材をリアキャビネットに利用したりと、日本人になじみ深いセンスは海外でのメーカーにはなかなかみられません。

知名度はそこまで高くないものの、新製品が発売されると海外からも購入しに来日するユーザーがいることからも、オーディオマニアの間では知られた存在といえます。

「Flat4」シリーズと「Donguri」シリーズとありますが、後者はTTRの茶楽音人(さらうんど)ブランドでも展開されています。

日本人だけでなく海外のファンからも求められているメーカーなのです。

check2

付属品

音茶楽のオーナーである山岸亮氏は、中国茶や紅茶なども趣味として同店で扱っています。

イヤホンが入っているパッケージも、お茶缶にインスパイアされたデザインです。

特徴あるケースですから、査定においても一緒に出した方が高評価になります。

ケースは櫻&桐無垢材などの収納箱が付くこともあります。

他にも、フォームイヤチップやシリコン製イヤチップ、接続コード、クロスなどが付属品にありますので、これらも忘れないようにしましょう。

check3

まとめて

音茶楽のイヤホンはカナル型。

その構造はほとんどがオープンエアですが、一部密閉型もあります。

駆動方式はダイナミック型です。

「Flat4」を主力製品としており、「玄 Ti Plus 」や「櫻Plus」「緋 Ti Plus」「緋櫻Plus」「粋」「玄弐型」、そして「Donguri-欅 Ti Plus」などがあります。

安い価格帯では3万円ほどですが、高いものでは10万近くになります。

モデルによっては限定数しか製造していないものもあります。

音響技術だけでなくオークヴィレッジなどの木工技術なども掛け合わされ、木材だけでなく漆などにもこだわって使っているモデルもあり、中古市場でもメイドインジャパン製品として高い評価を得ています。

日本全国送料無料

ホビーを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

音茶楽(おちゃらく)の掃除方法について

イヤホンはコンパクトで持ち運びも楽なので、使わないときはついつい鞄の中に入れっぱなしなんて人もいます。

ただ、この状況はイヤホンだけでなく体にも悪いもので、空気中のほこりや細菌などがイヤホンにつくことで、耳から体内に侵入してしまうといったリスクがあります。

こうしたことを予防するためにも、定期的にお手入れをする事は必須です。

できれば週に1回はやりたいものです。

イヤーピースをスピーカー部分から外し、固く絞ったタオルなどで丁寧に拭き取ります。

中心の空洞部分は、タオルやティッシュなどをこより状にして入れ込み、もう片方の穴から引き抜くときれいに拭き取れます。

ひどい汚れには中性洗剤がおすすめです。

イヤーピースをはめる時は、ちゃんと乾燥したかどうかを確認してからにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介