買取ぞうさんは三浦 琴童を高価買取中

明治から昭和時代前期の尺八奏者である三浦 琴童は、この時代の琴古流尺八の功労者とも言われています。

尺八を吹き始めたのは18歳で、21歳で初代荒木古童(竹翁)に師事。

門下の上原六四郎に点符式楽譜を習い、琴古流本曲の採譜にも励みます。

竹翁直伝の琴古流本曲と優れた製管技術で有名となり、「三浦琴童譜」は今でも定番とされているほど。

無料査定 ここをクリック

三浦 琴童について

三浦 琴童は、戦前に尺八を作っていた人です。

生涯で推定千本程作ったといわれており、戦争の混乱でほとんどが消失。

今はどれだけ残っているのかわからない、貴重な尺八ともいえます。

本名は純一といい、明治8年に東京神田区で誕生。

18歳の頃から尺八を吹き始め、21歳の時に二代目古童(竹翁)に師事しています。

銀行に勤めながら素人ながらも尺八家として活動し、次第に名が高まり尺八一筋にのめりこんでいきます。

竹翁直伝の琴古流本曲と卓越した製管技術で有名となり、昭和3年に出版した「三浦琴童譜」と「琴童管」は歴史的にも重要な財産ともいえます。

特に琴童管については、当時は珍重されていたほどでした。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

三浦 琴童の大量買取もお任せください

戦前、有名だった三浦 琴童の尺八。

戦争という混乱で多数の三浦 琴童が作った尺八が失われていますが、その価値はまだ失われていません。

死蔵されている可能性も高いといわれているだけあって、中古市場でもその出現の際には高値での取引がおこなわれることもあります。

無料査定 ここをクリック

三浦 琴童の高価買取り方法について

check1

状態

三浦 琴童は古い時代の人だけあって、その作品は今の製管師からみるとレベルが低く見えてしまう事もあります。

訓練制度の低さや、基礎が不十分のように見えてしまう部分もありますが、戦前の尺八としては高得点の品であり、当時はかなり人気の高い尺八であったのは間違いありません。

今でもその人気は衰えておらず、意外と高値で買い取ってもらうことができる尺八もであります。

check2

まとめて

三浦 琴童は製管師でもあったわけですが、師の尺八は琴童管と呼ばれるもの。

琴童管は当時はとても珍しいとして珍重されており、今でもその価値は高いものとされています。

その安定した製管技術で、外れに当たることがほとんどないほど。

ちなみに、琴童管の焼印は2種類あり、瓢箪琴童と四角い琴童とあります。

前者は普及管であり、後者のほうがレベルが高く値段も高額です。

査定に出す際にはチェックしておきましょう。

日本全国送料無料

真山 尺八を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介