買取ぞうさんは琵琶を高価買取中

琵琶は、ギターやリュート、ウードなどと同じ絃楽器です。
古典でも有名なのが、「耳なし芳一」ではないでしょうか。
有名な話なだけに、ちょっと暗くて怖いイメージがある楽器となっています。
確かに、琵琶の音色はちょっと暗めの曲に似合っているような…でも、明るい楽しい曲も演奏できる楽器なのです。

そんな琵琶の種類は、大きく分けて楽琵琶(がくびわ)・盲僧琵琶(もうそうびわ)・平家琵琶(へいけびわ)・薩摩琵琶(さつまびわ)・筑前琵琶(ちくぜんびわ)とあります。
ちなみに、「耳なし芳一」で演奏されている曲は「平家物語」のために作られた平家琵琶。
薩摩琵琶や筑前琵琶といった近代琵琶とは音色はもちろん、演奏形式も異なります。

当店では中古の琵琶を買取しております。
ご自宅に眠っている琵琶はございませんか?売却をお考えでしたら、ぜひご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

琵琶について

琵琶は、ペルシャの「バルバド」と呼ばれる楽器が原型だと考えられています。
ただ、このバルバド自体については謎に包まれています。
なにせ、どんな楽器だったかを示す資料がまったく残されていないのです。
日本には奈良時代の頃に中国から伝わってきたとされており、ペルシャの「バルバド」が中国で呼ばれる「ピーパ」であり、それが日本では「琵琶」になったとされています。

そんな琵琶も、時代と共に進化してきました。
奈良から平安時代にかけて雅楽の演奏に使われていたのが楽琵琶で、楽琵琶と同時期に中国から僧の手で九州へ渡って広まったのが盲僧琵琶です。
そして、「平曲」を語るための琵琶として作られたのが平家琵琶で、幕末に薩摩藩のお殿様が武士の教育のために改良したのが薩摩琵琶、明治になって薩摩琵琶と三味線音楽を取り入れる形で作ったのが筑前琵琶なのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

琵琶の大量買取もお任せください

古典的な楽曲だけでなく、独奏や合奏など…さまざまな曲が琵琶で演奏されています。
大きな鋭角なバチで琵琶の前面を叩きながら力強く演奏する薩摩琵琶は、その打楽器的効果からも現代音楽などにも使用されることもあります。
また、筑前琵琶においても、和楽器オーケストラのなかで中心的役割を果たすこともあり、楽琵琶においては奈良時代に演奏された楽曲の復元演奏などにも用いられています。

当店では出張買取・大量買取をおこなっております。

量や状態にかかわらず、手放したいとお考えでしたら、まずはご連絡ください。

無料査定 ここをクリック

琵琶の高価買取り方法について

check1

状態

日本に琵琶が伝わったのは奈良時代。

それから現在まで、琵琶は伝統楽器として伝えられ、弦琵琶、楽琵琶、平家琵琶、盲僧琵琶、唐琵琶、薩摩琵琶、筑前琵琶など…その形も時代やその用途に合わせて変化してきました。

マイナーな印象があるものの、実は意外と古くから大事にされている琵琶も多く、その歴史的価値からも高値で取引されることが多々みられます。

しかも、作られた土地によって名称はもちろん、部分的な違いからも、それにつけられる買取価格はさまざまなものとなっています。

また、日本以外にも中国やベトナムでも演奏されている楽器であり、その形は日本の琵琶とはちょっと異なることもあります。

まずは、プロの方にどういった種類のものか見てもらい、それに関する価値はどれほどなのか確かめるといいでしょう。

check2

付属品

付属品の存在が買取価格を左右します。

高価買取のためには、保証書・取扱説明書なども揃えておくと良いでしょう。

琵琶には、バチが必須です。

ですから、付属品としてバチは必ずつけておきたいもの。

琵琶の演奏で使われているバチは三味線のバチに似ているものとなっていますが、その形はもちろん素材も違います。

琵琶では柘植の木が使われているのです。

琵琶の演奏では激しくなる曲が多いので、そこで使用するバチはすり減ってしまうのが早い傾向にあります。

自分で削ったり、やすりをかけるなどしてメンテナンスをするにしても、 どうしても消耗されていってしまうことからも、中古の琵琶のバチも需要が高くなっています。

1点ではあまり変わりませんが、数点のバチがあると査定にも良い影響が出るでしょう。

check3

まとめて

琵琶は、弦を弾いて音をだす楽器です。
腹板に牛やサメの皮などを張りつけ、バチが当たる撥面と呼ばれる部分には、満月・半月・三日月にした銀や象牙、べっ甲、柘植などをつけています。
この「月」の部分に何が使われているかで、買取価格が変動します。
銀や象牙、べっ甲による「月」がついている琵琶は高額で買取ってもらえる可能性が高くなりますが、それ以外ではちょっと低くなる事も…。

また、琵琶を販売しているところもそう多くはありませんので、そういった意味でも、しっかりと手入れされたきれいな品であれば高く買取ってもらえることもあります。
それが年代物であればなおさらです。

そして、琵琶は胴の内側が腐ってしまうこともあるので、査定前には軽く叩いて確認しておきましょう。
コンコンと音が響けば大丈夫です。

日本全国送料無料

和楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

琵琶の掃除方法について

琵琶は木材でできていますので、湿気や水分が大敵となります。
ですから、保管場所の湿度には十分に気をつけるようにし、湿らせないようにします。
磨く際は柔らかい布などで乾拭きにして、ほこりや汚れがつかないようにしましょう。

ちなみに、乾いた布で磨いていくと、素材によってはツヤがでてくることもあります。
桑の木でできている琵琶では、そういった効果がでてきます。
先ほども述べたように、水拭きは避けるとともに、化学薬剤が入っているものは使ってはいけません。

たまにメンテナンスとして、プロの方に見てもらうと安心です。
琵琶は消耗品でもありますから、少しでも損傷している箇所があればすぐに見せられるように、慣れている修理屋さんを探しておきましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介