買取ぞうさんは太鼓を高価買取中

太鼓(たいこ)は、動物の皮などの薄い膜を枠に張りつけ、それを叩くことで音を出します。

楽器の分野では打楽器と認識されていることが多いですが、もっと詳しくいうと体鳴楽器、もしくは膜鳴楽器といった分類に属します。

太鼓といってもさまざまな種類があり、胴と膜がどういったつくりになっているかで分類されるのです。

円形の枠に膜が1枚張られたものは「うちわ太鼓」。
筒状の胴の片側だけに膜を張ったのを「片面太鼓」で、両側に張ったのを「両面太鼓」。

そして、鍋上の胴に膜を張ったものを「ティンパニ」と呼びます。

通常、太鼓といえば和太鼓のことであり、長筒太鼓(宮太鼓)、桶筒太鼓、附締太鼓の3種類に分類されるものとなっています。

当店では中古の太鼓を買取しております。
しまっている太鼓がありましたら、ぜひご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

太鼓について

日本の太鼓の総称である和太鼓は、祭礼や歌舞伎、能、神社仏閣などの儀式などで用いることを主とした楽器です。

木でできた胴に皮を張り、それをばちで叩いて音を出します。

他の打楽器に比べても頑丈で、打ったあとの残響がとても良く、余韻が残る音が特徴の打楽器。

手で叩くものは鼓(つづみ)と呼ばれています。

日本における太鼓の歴史は長く、縄文時代から使われていたのではないかと推測されています。

日本神話にも登場するのですから、その歴史の深さと共に、大事な役割を担っていた神聖な楽器であったことがわかります。

ちなみに、長野県にある尖石遺跡からは、太鼓と思われるような土器が発見されています。

現在では、盆踊りなどで馴染み深い楽器となっていますが、神様へ意志を伝える方法として神社や寺院においても欠かせないものとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

太鼓の大量買取もお任せください

太鼓というと、あまり習う事がない楽器のように思えますが、最近では若い人たちにも太鼓の魅力が広がりつつあり、趣味で始める人も増えてきています。

神聖な場だけでなく、身近な場所で発表をしたり、太鼓の魅力を伝える集まりもあり、娯楽の一つとしても受け入れられてきています。

当店では生産終了となった太鼓から人気の太鼓まで、さまざまな太鼓を買取査定いたします。

大量買取りもおこなっておりますので、是非当店までご相談ください。

無料査定 ここをクリック

太鼓の高価買取り方法について

check1

状態

太鼓には、お祭りなどで活躍するばちで音を出す大きな和太鼓、肩にのせて鳴らす鼓などがポピュラーなものとなっています。

こうした楽器は日本だけでなく、世界中にそれぞれの形で、伝統的な楽器として存在しています。

太鼓などの打楽器は、皮の張り方で音が変わってきます。

演奏しているうちに皮を止めているネジが緩む事が影響してくるのですが、他にも湿度の影響を受けてしまうこともあります。

太鼓を湿気の多いところに保管しておくと皮が緩んでピッチが狂ってしまったり、音がまともに出なくなってしまうこともありますので、そうなると太鼓としての価値も低くなってしまいます。

日頃から保管場所には十分には注意しておくことで、査定において良い結果を生み出します。

check2

付属品

高価買取を狙うのであれば、付属品の存在は欠かせません。

保証書や取扱い説明書などの基本的なものは、予備も含めてなるべく多く揃えて査定にだすようにしましょう。

太鼓の場合、一通りの道具がついたセットでの販売もされています。

太鼓に折りたたみ台とばちがセットになっていたのもあれば、長胴太鼓と締太鼓が組み合わさったものなど…

基本のセットで販売しているのもよく見かけられます。
そうしたセットで購入した場合は、購入時のままで揃えておくようにしましょう。

また、太鼓を叩く上で欠かせないばちは、木の種類からその形(レギュラーやテーパー、ショルダーなど)、そしてアーティストモデルといったタイプもあります。

太鼓だけでなく付属品にどういったものを使っているかでも、買取価格が変わるのです。

check3

まとめて

太鼓を使わなくなった、処分しようとなると、一般ゴミとして廃棄処分される方もいますが、これは非常にもったいないものといえます。

太鼓の状態や使用状況、購入年数などで査定額がつけられ、場合によっては破損している太鼓でも修理が可能であれば買取ることもあるのです。

買取査定に出される太鼓のほとんどは、それなりの劣化がみられます。

胴の部分が割れている場合もありますが、太鼓は皮を張り替えればまた問題なく使用することもできるのです。

そうした上できちんと演奏に必要な付属品がついていれば、買取も難しいものではなくなります。

特にばちで叩く太鼓は、そのばちも添えて出すようにしましょう。

日頃から大切に使っていた太鼓ほど、売れる可能性も高くなりますので、常に手入れを怠らず、汚れやほこりなどはきれいに拭き取るようにしておきましょう。

日本全国送料無料

和楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

太鼓の掃除方法について

太鼓が一番苦手とするのが、水分です。

保管する際には、皮の面を地面や床につけないようにし、通気のよい場所に置くようにします。

もし、水分がかかってしまった、雨に濡れてしまった…なんてときには、すぐに拭き取り陰干しして水分を飛ばします。

太鼓は直射日光が苦手ですから、避けるようにしましょう。

また、太鼓の皮は打ち込むことによって消耗して毛羽立っていきます。

特にばちが当たる部分ほどひどく、肌荒れをおこしたかのようにガサガサになります。

この時、保護する為にと保護クリームやオイルなどを塗ると、皮に浸透して留まってしまい、しっとりとした状態になってしまうのです。

これが太鼓としての音を悪くしてしまいますので、注意が必要です。

乾いた布などで乾拭きし、ほこりなどをはらう程度にしておきましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介