買取ぞうさんはイオ(iO)サックスを高価買取中

イオ サックスは、日本の「グローバル」という会社が設計し、その製作を台湾の楽器店がおこなっているサックスです。
「イオ(iO)」というネーミングは、JUPITER(木星)の衛星「イオ」から付けられたもので、
その名を示すかのようにその品質はとてもしっかりしています。
そのため、多くの演奏家からの人気も高い定番の品となっています。

ラインナップも多く、イオ サックスは「ジュピター(JUPITER)」の最上位機種として製作されています。
設計を担当する「グローバル」側が細部までこだわり、これまでのジュピター製品とは格段に上をいくようなものへと作り上げたモデルなのです。

当店では中古のイオ サックスを買取しております。
是非、ご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

イオ(iO)サックスについて

設計は日本の企業が、製造は台湾の楽器メーカーで作られているイオ サックスは台湾製です。
「ジュピター」というメーカーになるわけですが、この会社がもつどの楽器よりも性能が上となっています。
それもそのはずで、「プロが現場でも使えるものを」といった声から細部にいたるまでこだわりつくして作ったモデル。
その性能がこれまでの「ジュピター」製品を大きく上回るのも当然といえるでしょう。

そんなイオ サックスは、どことなくセルマーに近いモデルとなっています。
使用者からは音の響きとバランスが素晴らしいといった評価の声が挙がっており、その演奏は抵抗感を感じる事が少なくスムーズ。
特にオーヴァートーンが出しやすいのは大きな特徴となっており、全体的に安定しているといえます。

ちなみに、このイオ サックスにはキャッチフレーズがあり、
「エルゴノミクスデザインに基いた自然なキィデザイン」がそれになります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

イオ(iO)サックスの大量買取もお任せください

イオ サックスのクオリティーの高さは確かなもの。
バランスの取れた音色、豊かな音量、そして出にくいオーヴァートーンも出しやすい楽器となっています。
始めたばかりの方にも吹きやすいものとなっていますので、学生さんにもよく選ばれているメーカーです。

ただ、腕も上達してくると、以前は難しく感じた他のメーカーに買換えることもでてくるようになってきます。
そんな時は、当社にお持ちください。
イオ サックスの大量買取もお受けしております。

無料査定 ここをクリック

イオ(iO)サックスの高価買取り方法について

check1

状態

故障している箇所がない、また音に問題がなく吹けるイオ サックスであれば、多少のキズや汚れがついていても高い買取金額をつけることができます。 状態の良しあしが査定に大きく響くだけに、長く使っているイオ サックスにおいては汚れがあるかないかが大きな査定ポイントととなりますので、 できるだけきれいにしてからお持ちください。 また、普段のお手入れは手を抜かずにやっておいていただけると買取査定の金額も高くなりやすいです。 もし故障した部分があったとしても、修理すればまだ吹ける、修理にかかる費用もそう高くない…といった状態であれば買取可能となることもありますので、まずは一度お見せください。 特に人気のあるイオ サックスの機種や新しい機種、定期的にきちんとメンテナンスに出しているものに関しては、査定においても高額になる可能性があります。

check2

付属品

ハードケースやネック・マウスピース、マニュアルなど…イオ サックスの購入時についていた、 もしくはそろえた付属品は、本体と同じくらいに大事にお取り扱いください。 説明書や保証書といった、慣れてくると使わなくなるものに関しては適当にそこらへんにしまっておくのではなく、場所も確かなところに保管するようにしましょう。 ゆくゆくは買い替えの時期が来る事があるかもしれないことを頭に入れておくと、「どこにしまったっけ!?」といったことも少なくなります。 もし、お売りするイオ サックスの機種が最新のものや人気のものであり、その保障期間内のものでありましたら、査定にもプラスとなってきますので一度ご確認ください。 また、イオ サックスの予備のネック・マウスピース・リガチャーなどがありましたら、こちらも付けていただけますと、査定額も変わってきます。

check3

まとめて

イオ サックスだけではありませんが、サックスというのは可動部品が多く、その構造はなかなか複雑なものとなっています。
ですから全部一人でお手入れするにはちょっと難しい部分もあります。
専門のイオ サックスの構造を熟知した人でないと、下手をしたら不具合を起こしてしまう事も考えられますので、
定期的に専門のところにメンテナンスに出して、普段手の届かない部分を見てもらうのがいいでしょう。
それをやっておくのとやらないのでは、いざ買い替えの為に下取りにとってもらおうと見せたときに、その反応が違ったものとなります。

また、保管場所にも注意。
大事に適した場所で保管されたサックスは見た目からもわかりますので、査定にもそれが表れる事となるでしょう。

日本全国送料無料
出張買取エリア

イオ(iO)サックスの清掃方法について

演奏後には、リードを外してクリーニングスワブでマウスピースの汚れをしっかりと落とします。
そして、ネック内側の水分もしっかりと拭き取り、管体内部はクリーニングスワブをベル側から通してネックジョイント部から引き出して掃除します。
タンポも手入れも忘れずにおこない、湿っている場合はトーンホールとのすき間にクリーニングペーパーをはさみ、しっかりと水分を拭き取ります。
最後は、管体表面についてしまった手垢やゴミを拭き取りましょう。

サックスの構造は複雑にできていますから、あまりゴシゴシやったり、無理な力が加わらないように注意します。
タンポを傷つけたり、クロスがバネに引っかかってしまったら大変ですので、細心の注意で優しく丁寧におこないます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

  • イオ PLS Series テナー・サックス TS1085PLS (IO)
  • イオ GLS Series アルト・サックス AS1065GLS (IO)
  • イオ BNS Series アルト・サックス AS1065BNS (IO)
  • イオ GB Series テナー・サックス TS1085GB (IO)
  • イオ GL Series アルト・サックス AS1065GL (IO)
  • イオ PLS Series アルト・サックス AS1065PLS (IO)
  • イオ BNS Series ソプラノ・サックス PS1045BNS (IO)
  • イオ BNS Series テナー・サックス TS1085BNS (IO)
  • イオ GB Series アルト・サックス AS1065GB (IO)
  • イオ GB Series ソプラノ・サックス PS1045GB (IO)
  • イオ GL Series ソプラノ・サックス PS1045GL (IO)
  • イオ GL Series テナー・サックス TS1085GL (IO)
  • イオ GL Series バリトン・サックス BS1091GL (IO)
  • イオ GLS Series ソプラノ・サックス PS1045GLS (IO)
  • イオ GLS Series テナー・サックス TS1085GLS (IO)
  • イオ PLS Series ソプラノ・サックス PS1045PLS (IO)
  • イオ PLS Series バリトン・サックス BS1091PLS (IO)
  • イオ S Series アルト・サックス AS1065S (IO)

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介