買取ぞうさんは臨床実践 鍼灸流儀書集成を高価買取中

臨床実践 鍼灸流儀書集成は全20冊でオリエント出版の買取情報です。

 

鍼灸専門書臨床実践 鍼灸流儀書集成 20冊ですが、オリエント出版は、1990年代から2000年代にかけて刊行されたものです。

 

古今の鍼灸の流儀書を集大成にしたもので、20冊に及ぶ大薯になります。

 

杉山真伝流など、数多くの著作が掲載されています。

 

現在でも非常に人気があり買取査定額も高額になりやすいです。

無料査定 ここをクリック
電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
無料査定 ここをクリック
日本全国送料無料

ホビーを高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

そもそも鍼灸治療って?

鍼治療というのは、その名の通り針をツボや患部に直接刺すことによって治療を行う方法です。

 

0.12ミリから0.44ミリまである太さの針の筒を使用してお肌に直接指します。

 

どれくらいの太さの針を使用するのかは症状によって違います。

 

細ければそれだけ痛みを感じにくいのです。

 

針の刺し方ですが、ただ刺すだけではなく、単刺と置鍼、パルス鍼の3つがあります。

 

症状によってどのような手法が取られるのかはまた異なります。

 

灸治療はもぐさを使用して熱によって刺激を与えます。

 

患部やツボへ刺激を与える治療方法で、直接灸と間接灸という、2つの治療方法があるのです。

 

直接灸は、もぐさを皮膚に直接乗せて着火します。

 

もぐさの大きさには米粒ほど小さなものもありますし、小指程度のものもあります。

 

着火したものを直接皮膚の上に乗せるので、熱による刺激は非常に強く、治療の後には皮膚に水疱ができることもあります。

 

治療の跡として残った部分を灸痕とも呼ばれています。

 

間接灸は、灸点紙と呼ばれている専用の用紙をもぐさと皮膚の間に入れて着火する治療方法になります。

 

間に挟むのでもぐさによる熱を緩和でき、刺激は小さくなります。

 

西洋医学のようにすぐに効果が出るわけではありませんが、時間をかけて少しずつ症状を緩和していきます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介