買取ぞうさんはオーバードライブを高価買取中

オーバードライブとはゆがみ系のエフェクターの一つで、偶然の産物として生まれました。

クリーントーンしか出せなかった1950年代の頃、ギターアンプのボリュームを上げすぎた時に、偶然的に発生した事がきっかけで作られるようになったのです。

回路内にクリッピングのダイオードを使用し、ゆがみを意図的にシミュレーションすることでゆがみを作っています。

オーバードライブの構造にはいくつか種類があり、内部回路にオペアンプを使っているのかいないのか、またクリッピングも有無はもちろん、ある場合は対称的なのか非対称なのかでも分かれます。

無料査定 ここをクリック

オーバードライブについて

オーバードライブは使い勝手がとても良いエフェクターなので、持ち主の目的に合わせた使い方ができます。

定番の使い方としては、ONにしたままバッキングギターを弾くといったところでしょうか。

また、アンプでゆがませてギターソロの時だけONにするといった使い方もあります。

オーバードライブのクリッピング回路はゆがみ量が少なくいので、ブースターといった役割にも最適です。

とても目立つ音となり、ブルースやジャズ、ポップ、ロックまで、さまざまな音楽シーンで重宝されています。

ゆがみ系であるオーバードライブは、ワウペダルやコンプレッサーなどを併用する場合は、それらの後に繋ぐことになりますが、そうでなければギターに近い位置に接続して使うのがおすすめです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

オーバードライブの大量買取もお任せください

エフェクターの中でもオーバードライブの種類は多く、種類の違いだけでなくメーカーの違いからも値段は変わってきます。

中古市場でもさまざまなオーバードライブ・エフェクターがありますが、好みのオーバードライブを探し続ける人も少なくないのです。

当店では生産終了となったオーバードライブから人気のオーバードライブまで、さまざまなオーバードライブを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

オーバードライブの高価買取り方法について

check1

状態

種類が豊富なオーバードライブ・エフェクター。

定番と呼ばれるモデルは、中古市場でも安定した買取価格となっています。

オーバードライブの代名詞ともいわれるほどの知名度を誇る、BOSSの「OD-3 OverDrive」は、発売されてから30年以上が経つのに今でも人気の高いモデルとなっています。

あると便利なエフェクターとして、中古市場でも人気です。

また、同じBOSSの「BD-2 Blues Driver」も定番中の定番。

クランチサウンドからハードロックまでロックやジャズでも活躍しているエフェクターです。

そして、名器の一つとして名高いMXRの「GT-OD」、ブースターとしても優秀なMAXONの「OD820」など種類の多さからも定番と呼ばれるモデルも多彩です。

こうした良く使われているオーバードライブ・エフェクターは、中古市場でも需要が高く、高値での買取が期待できます。

check2

付属品

海外製品で正規輸入品の場合は日本語の説明書が添付されることもあります。

これは絶対に失くさないように保管し、査定時には必ずセットにして出すようにします。

さらに、ブースターや電圧コンバーターなども一緒に購入されることがあるので、そうしたオーバードライブ・エフェクター周辺機器も一緒にあるといいでしょう。

電源アダプターもあると尚良いです。

check3

まとめて

オーバードライブといえば「BOSS」とも言われるほど、このブランドは有名です。

今は生産されていないモデルなどは、高値で取引されることもあります。

名器と呼ばれた昔のモデルが今の技術と融合した形で復活していることからも、中古市場でも人気のあるエフェクターです。

もちろん、オーバードライブは定番のエフェクターですから、他のブランドも優れたモデルは買取価格が高いものとなっています。

また、最初の一台目として購入するのが、1万円前後もしくはそれ以下、サウンドにクセがない、簡単な操作、メインのゆがみで使える、なんてモデルは買取価格も良いものとなります。

高級なオーバードライブでなくても、需要が高いものとなっているのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

オーバードライブ・エフェクターの掃除方法について

オーバードライブ・エフェクターなどは精密機械でもあるので、お手入れをきちんとしておかないと数年で使えなくなります。

普段は簡単なお手入れで、定期的なメンテナンスを施しておくようにしましょう。

また、ホコリや湿気は気を付けていても安易に内部まで侵入されてしまうので、細かいところは丁寧に掃除機で吸い取ったり、使用後はケースに入れておくのが基本です。

また、ケースの中に乾燥剤をいれておくと、湿気を抑える事ができます。

そして毎日、頻繁に使っているとやはり故障する頻度が高くなります。

経年劣化は避けられないのですが、あまり過激に使いすぎないことでそれを防ぐことができます。

使い方、お手入れ、保管方法に注意することでポイントなのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介