買取ぞうさんはランドグラフ(Landgraff)を高価買取中

ハイエンドエフェクターブランドの一つであるランドグラフ(Landgraff)は、ジョン・ランドグラフ氏が亡くなったことにより生産が終了しました。

レギュラーモデルとして「Dynamic Overdrive」「MO-D」「Distortion Box」「Blues Box」「Clean Boost」があり、他にも特別限定モデルも作られていました。

ランドグラフはハンドメイドで作るエフェクターの先駆け的存在で、オーバードライブの「Pedalman 818 Overdrive Pro」がその頃に作られたモデルです。

これを基にした「Pedal Diggers Overdrive 819」も有名です。

無料査定 ここをクリック

ランドグラフ(Landgraff)について

ランドグラフ(Landgraff)は、テキサス州にあったエフェクターブランド。

ペダルの内部やロゴを見てみると、アメリカ南部の気風が伝わってくるような仕様となっています。

ただ、ジョン・ランドグラフ氏が亡くなったことにより、その生産は終了となりました。

ランドグラフ エフェクターの回路は、基本的にはオリジナルではなく、有名なペダルや人気のあるエフェクターの回路を参考にしており、そこにランドグラフらしい特徴を盛り込んでいるのです。

このやり方は、他のハンドメイドエフェクターにも取り入れられています。

また、ランドグラフ エフェクターのペダルには、3モードのクリッピング切替を搭載しているものがほとんどで、これが大きな特徴となっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ランドグラフ(Landgraff)の大量買取もお任せください

ペダルの特異性や作り込み、細部へのこだわりと、抜群のバランスを誇るランドグラフ(Landgraff)。

そこから生み出されるトーンはもちろん、パッケージも心惹かれるものとなっています。

完全オリジナルではないものの、高価で希少なエフェクターとして中古市場でも注目されています。

当店では生産終了となったランドグラフ社製エフェクターから人気のランドグラフ社製エフェクターまで、さまざまなランドグラフ社製エフェクターを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ランドグラフ(Landgraff)の高価買取り方法について

check1

状態

ランドグラフ社製エフェクターの中心的人物であったジョン・ランドグラフ氏が亡くなったことにより、生産がストップしています。

新品として販売できるのは残っているモデルだけで、今後は国内に入ってくることはないでしょう。

もう店舗に残っているモデルしか新品として購入することができず、あとは中古市場で探すことになります。

ハンドメイドエフェクターの基礎を作ったブランドなだけあって、その価値は決して低いものではありません。

ランドグラフがこれまで行なってきた功績は大きいですから、今後もエフェクターブランドとしてある程度の知名度と需要は残り、状態が良ければ、買取価格も高くなる可能性が大です。

check2

付属品

ランドグラフ エフェクターの購入時には、意外とたくさんの付属品がついています。

ペダルの裏側には直筆のサインとブランドシール、製作日、シリアルナンバー、そして「Made For TAHARA INC」と書かれたシールがあります。

これは、日本向けに作られたエフェクターであることを示すものです。

付属品が多ければ多いほど、査定額にプラスになっていきます。

なるべく購入した時についていたものは、捨てずにそのまま保管しておくようにしましょう。

check3

まとめて

ハンドメイドエフェクターであるランドグラフは、ジョン・ランドグラフ氏が中心となってその制作を行なっていました。

作った数は2,000台以上といわれており、業界では名の通ったブランドです。

モデルとしては、 「Dynamic Overdrive」「MO-D」「Distortion Box」「Blues Box」「Clean Boost」などがあります。

TS系オーバードライブでは最強とまで言われるぐらいですから、生産がストップしたことにより入手が困難になることが予想されます。

買取価格も、そこまで悪いものとはならないでしょう。

ちなみに裏蓋にはメッセージが書かれており、小文字と大文字といった違いがあります。

正規輸入品のモデルにも書かれており、マニアの間ではその違いも大きな購入ポイントになっているようですから、査定に出す前には蓋を開いて確認しておきましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ランドグラフ(Landgraff)の掃除方法について

エフェクターはエフェクターボードに取り付けたりしますが、基本的にはマジックテープで固定して使います。

長く使っているとマジックテープに小さなゴミが付いてしまい、つかみが悪くなってきてしまうようになったり、場合によってはマジックテープ自体がエフェクターからはがれてしまったりと、ちゃんと機能しなくなってきますので注意が必要です。

エフェクターがふいに外れて衝撃を受けてしまう事もあるので、この部分も定期的にチェックし、必要があれば取り換えるようにしましょう。

また、ジャックを差す部分も定期的にチェック。

汚れているようであれば、接点復活材などできれいにしておくといいです。

綿棒などに接点復活材をかけてジャックに差し込めば、サビや皮膜を取り去ることができます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介