買取ぞうさんはディストーションを高価買取中

ディストーションは、意図的にゆがんだような音を作り出すエフェクターです。

エレキギターやエレキベース、電子オルガンからの音響信号を増幅し、クリッピング素子に過大入力してゆがませます。

ディストーションにおいてのクリッピング素子では、ダイオードが用いられるのが一般的となっています。

よくオーバードライブと似ているといわれますが、ディストーションの方がオーバードライブよりも荒々しく硬く深みあるゆがみを作り出します。

他にゆがみ系ではファズがありますが、同じゆがみでもちょっと違うものとなっています。

無料査定 ここをクリック

ディストーションについて

オーバードライブよりも激しいゆがみを作り出すディストーション。

コードストロークやアルペジオなどの和音を中心としたプレイにはあまり向きませんが、パワーコードやリフ・プレイ、ギターソロなどには最適なエフェクターです。

ポップスやロック、ハードロック、ヘヴィメタル、パンク、オルタナティブロックなど、さまざまな音楽シーンで使用されています。

ディストーションはエレキギターにおけるサウンド作りに欠かせないゆがみ系エフェクターであり、曲のイメージを大きく左右する力を持っています。

ギタリストの個性を表現するとまでいえる力を持っているため、その存在は大きなもの。

ちなみに、ディストーションとオーバードライブを併用して使う事も珍しくありません。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ディストーションの大量買取もお任せください

多くのギタリストには定番アイテムとなっているディストーション。

ディストーションと一言にいっても、その種類の多さからどれを選んだらいいのかわからなくなることも。

それでも、その凶暴ともいえるゆがみが人気となっており、中古市場でも需要があるエフェクターとなっています。

当店では生産終了となったディストーションから人気のディストーションまで、さまざまなディストーションを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ディストーションの高価買取り方法について

check1

状態

ディストーションの種類は豊富で、どれを選んでいいのかわからないほど。

そうしたことからも、名前が知られてるディストーションについては、安定した売買ができるとして、中古でも高値で買い取ってもらえることもあります。

中でも知られているモデルは、高値で買いとってもらえる可能性があります。

BOSSの代表的なディストーション「DS-1」や「MD-2」、往年の名機といわれているIBANEZ ( アイバニーズ )の「SD9M Sonic Distortion Mod.」。

音立ちがしっかりしていてゆがみのリフが心地よいSUHR ( サー ) の「Riot Distortion」。

まるで真空管アンプのようなディストーションサウンドを出すMXR ( エムエックスアール )の「Custom Badass ’78 Distortion」など、知られているディストーション・エフェクターは高値で買い取ってもらえることが期待できます。

check2

付属品

ディストーション・エフェクターはブースターと相性が良いことでも知られています。

ギター、ブースター、そしてディストーション・エフェクター、アンプと繋げるので、これらをセットで出すと査定額が上ります。

ちなみに、ディストーション・エフェクターはつまみで調整して使います。

一般的にはゲインとトーン、ボリュームコントロールがついていますので、不具合がないようにきちんとチェックしてから査定に出すようにしましょう。

check3

まとめて

ディストーションは、1960年代に登場したエフェクターです。

この時代に生まれた人気モデルは中古市場でもそれなりの価値を持つこともあります。

例えば、ディストーション・エフェクターとして初めて発売されたMXRの「Distortion+」は、ギタリストの間では語り継がれるほどの有名人ランディ・ローズが使用していた事でも有名。

また、今でも定番のディストーション・エフェクターとして根強い人気を誇っているProcoの「RAT2」。

ジェフ・べックが使用した事でも有名で、ディストーションではあるものの、クランチ程度のゆがみを作ったり、ファズのように使う事もできると、使い勝手の良さが受けています。

こうしたディストーションが生まれた頃より人気のあるモデルは、中古市場でも需要があるものとなっています。

状態が良ければ、高値で買ってもらう事ができます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ディストーション・エフェクターの掃除方法について

ギターとディストーション・エフェクターを繋げた時、ノイズが発生することも!

その理由は電子機器同士のトラブルもありますが、ギターのジャックが汚れているために起こることもあります。

ホコリや手垢が溜まっていると、それが原因でノイズを発生させることもあるので要注意。

また、ディストーション・エフェクターにもホコリが入らないように注意が必要です。

湿気も同様です。

使用後はホコリが入らないようにジャック孔などにカバーをし、できれば密封できるケースに保管するようにしましょう。

また、ケースの中に乾燥剤も入れると湿気予防となります。

とはいえ、演奏中は床に置くこともあるので、どうしてもほこりや土などが細かい部分に入ってしまいがち。

掃除機で表面と内部のホコリを吸うようにするといいです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介