買取ぞうさんはボグナー(Bogner)を高価買取中

ボグナー(Bogner)は、アメリカのハンドメイドアンプブランドですが、数年前からエフェクターも作りはじめ、当時はかなりの話題を呼びました。

初のエフェクターとなったのが「Ecstasy Blue」と「Ecstasy Red」そして「Uberschall」です。

「Ecstasy Blue」と「Ecstasy Red」は「Bogner Ecstasy」というアンプのサウンドを元にしており、

「Uberschall」はハイゲインアンプ「Bogner Uberschall」を元にしています。

無料査定 ここをクリック

ボグナー(Bogner)について

ハンドメイドアンプブランドの一つであるボグナー(Bogner)が作る、「Ecstasy Blue」「Ecstasy Red」「Uberschall」。

まさにボグナーのアンプサウンドを通じて作るゆがみエフェクターです。

「Ecstasy Blue」は、ボグナーアンプの中でも有名な「ECSTASY」によるオーバードライブべダル。

多彩な音色で、どんな音楽シーンにも対応する使い勝手の良いものとなっています。

「Ecstasy Red」も「ECSTASY」を元にしていますが、「Ecstasy Blue」とはまた違ったディスとレーションサウンドとなっています。

オーバードライブからディストーションまで幅広い音色が作れます。

そして「Uberschall」は、ボグナーのハイゲインアンプである「Bogner Uberschall」のサウンドを元にしています。

「Ecstasy」よりもシンプルなコントロールなのに、非常に多彩な音色を作り出します。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

ボグナー(Bogner)の大量買取もお任せください

ボグナーが作るハンドメイドエフェクター「Ecstasy Blue」「Ecstasy Red」「Uberschall」。

アンプでも有名なブランドなだけに、中古市場でもボグナー エフェクターは注目されています。

当店では生産終了となったボグナー社製エフェクターから人気のボグナー社製エフェクターまで、さまざまなボグナー社製エフェクターを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

ボグナー(Bogner)の高価買取り方法について

check1

状態

ボグナーエフェクターの「Ecstasy Blue」「Ecstasy Red」「Uberschall」は、まだ発売されてから数年ほどしかたっていません。

その音色は、ギターのゆがみはこうあるべきというようなスタンダートなイメージしやすいもの。

ボグナーはもともとはマーシャルの改造からスタートしていることもあり、その根底にはマーシャルのサウンドが微妙に残りつつも、高級感と甘さをプラスしたような感じに仕上がっています。

有名なハンドメイドアンプの製作会社が作っているだけあって、その買取価格はそこまで低くはありません。

ボグナーエフェクターもハンドメイドであり、ボグナーのトップモデルである「ECSTASY」や「Uberschall」を元にしたコンパクトエフェクターなのですから、高くなるのも納得できます。

check2

付属品

ボグナー社製エフェクターの箱はとてもよく作られており、シックで高級感あふれる仕様です。

上部と側面にロゴが、モデル名は側面の下側に記載されています。

底面に説明とシリアルナンバーが入っているので、捨てないでしっかり保管しておきましょう。

また、カタログや保証書兼日本語での説明書、モデル名・シリアルナンバー・製作日が書かれたカードが入っていますので、これらも一緒に保管するようにしてください。

check3

まとめて

ボグナーから発売されたエフェクターは「Ecstasy Blue」「Ecstasy Red」「Uberschall」の3種類があり、それぞれに特徴があり、どんなエフェクターがほしいのか、どんな音色を作りたいのかでも変わってきます。

この3種類の中で融通が利くタイプといえば、「Ecstasy Red」かもしれません。

すっきりしたサウンドがほしい人は、「Ecstasy Blue」のほうがあっています。

また、どちらも「variac」「mode」「pre eq」「structure」とそろっているものの、「Red」のほうがゲインはあるほうなので、幅広いサウンドつくりには最適です。

使い勝手の点から優れているといえます。

そうした機能の差からも、中古市場での買取価格が変わってきます。

融通が利くモデルは人気が高く、需要も高いのです。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

ボグナー(Bogner)の掃除方法について

エフェクターは精密機械ですから、表面上の傷や汚れだけで判断することはできません。

使っていれば、ちょっとした変化からエフェクターの不具合に自然と気が付くこともありますので、たまにふと思い立った時にでも注意して聞いてみるといいかもしれません。

気を付けたい箇所としては、スイッチとジャックの接触不良、各コントロールのガリ。

経年劣化のために不具合が出てくることもありますが、ほこりや水分、湿気などが内部に侵入して不具合を起こすこともあります。

これらは、普段の使い方はもちろん保管の仕方も関係してきます。

基本的に、不具合が出てしまった部品は交換する事ができます。

もしも「おかしいな?」と感じたらメーカーに相談、もしくはプロに見てもらうようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介