買取ぞうさんはアコーディオンを高価買取中

アコーディオンは、鍵盤楽器、蛇腹楽器の一つです。

ピアノやリコーダーと同じように、小学校ではなじみのある楽器ですよね。

ちなみに、小学校で使うアコーディオンは一部をなくして簡略化したピアノ式アコーディオンとなっています。

アコーディオンは両手で抱えるほどの大きさで、右手側には主旋律を担当するピアノと同様の鍵盤もしくはボタンが配置し、左手側にはベースや和音となるボタンが配置されています。

右側の鍵盤は8〜50ほどあり、左側のボタンは最大で120個ほどです。

内部はボタンと空気弁をつなげるためにシャフトが張り巡らされており、大変に複雑な構造となっています。

その重さは2〜15キロと、種類によっては相当な重さとなります。

無料査定 ここをクリック

アコーディオンについて

アコーディオンと一言にいってもいろんな種類があります。

初期に開発されたシンプルな構造をもつ「ダイアトニック・アコーディオン」、ピアノと同じように半音階の音も出すことができる「クロマティック・アコーディオン」。

イギリスの物理学者であるチャールズ・ホイートストン氏が考案した「コンサーティーナ」、ドイツのハインリヒ・バンド氏が発明した「バンドネオン」。

ギターに似た形をしている「メロフォン」、日本では一般的な形の「ピアノ・アコーディオン」、民族音楽やポピュラーミュージックでよくみかける「スタイリッシュ・ハーモニカ」。

そして電子機器でできた「電子アコーディオン」です。

アコーディオンの外見は時代とともに変化してきており、古いデザインのアコーディオンは「ヴィンテージ・アコーディオン」として中古市場を中心にみられるようになっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

アコーディオンの大量買取もお任せください

小学校でもお馴染みのアコーディオンは、教育楽器として多くの人が知っている楽器です。

器楽合奏や鼓笛パレードなどでも多く用いられています。

そこまでメジャーではないものの、安価ではないことからも中古市場で目当てのアコーディオンを探す人も少なくありません。

無料査定 ここをクリック

アコーディオンの高価買取り方法について

check1

状態

アコーディオンを作る世界的なメーカーとしては、「Hohner (ホーナー)」「VICTORIA(ヴィクトリア)」「EXCELSIOR (エキセルシァー)」「GUERRINI(ゲリーニ)」「BUGARI(ブガリ)」「Castelfidardo(カステルフィダルド)」「Weltmeister(ベルトマイスター)」とあります。

日本国内のアコーディオンメーカーとしては「TOMBO (トンボ)」「YAMAHA(ヤマハ)」「SUZUKI(スズキ)」です。

これらのメーカーのアコーディオンは、その知名度と信頼の高さからも、買取価格もそこまで悪いものになりません。

ただし、やはり演奏状態と外見の良しあしは関係してきますので、メンテナンスや普段はお手入れは十分におこなっておくようにしておきましょう。

check2

付属品

アコーディオンを査定に出す際にはケースがあるかどうかは大切です。

ケースがないと査定も大幅にダウンする可能性がありますので、純正でない場合でも必ず一緒に出しましょう。

また、アコーディオンは小型から大型まで、その大きさに幅があります。

できれば、専用のストラップはあるといいでしょう。

check3

まとめて

アコーディオンは、弾く事によって楽器が奏者に馴染み鳴りも良くなっていきます。

新品であれば、半年から1年もすれば買ったときよりも音が格段によくなっているでしょう。

逆に、1〜2年ほど放置していると、音が悪くなってしまいますから、弾かなくなってしまったらすぐに売ってしまうのがより高値で売るコツです。

置きっぱなしにすることで、どんどん値が下がるのです。

アコーディオンはしっかりとしたつくりのものなら、20年でも30年でも長持ちしますが、使い方が雑だったりお手入れがきちんとできていなかったりした場合は数年でダメになってしまう楽器です。

使い物にならなくなった状態で査定に出しても、思ったような金額は出ませんので、普段から扱いは丁寧に、お手入れはきちんとして置くようにしましょう。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

アコーディオンの掃除方法について

アコーディオンは、持ち運びがそこまで大変な楽器ではないので、いろんな場所に持っていくことができます。

ですが、その際の取扱いには注意が必要。

ぶつけたり倒したり、落としてしまうと、外装を傷つけるだけでなく内部のメカを損傷し、故障の原因を作ってしまうこともあるのです。

また、湿気とホコリに弱い楽器ですから、高温多湿な場所においてしまうとリードやアクションに錆を作ってしまいます。

演奏にも影響が出てしまいますから、雨に当たってしまったら、すぐに乾いた布で良く拭き、十分に乾燥させてからしまうようにしましょう。

ちなみに、楽器を拭く専用の布の方がいいです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介