買取ぞうさんはDV MARK(ディーブイ マーク)を高価買取中

DV MARK(ディーブイ マーク)は、イタリアのアンプブランドです。

とても繊細なつくりで、サービスも良いことからも高い人気を誇っています。

日本ではあまり流通していませんが、ギタリストが求めるクラシカルなトーンを大事にしつつ、現代のテクノロジー技術を盛り込んでいるとして、

ギターアンプにこだわっている人には知られた存在です。

最近では、2016年6月に新製品を発表しています。

ギターアンプヘッド&JAZZギターアンプ「MICRO50/JAZZ212」です。

自宅での練習はもちろん、スタジオ・リハーサルからライブまで、幅広いシーンで活躍するアンプとして注目されています。

無料査定 ここをクリック

DV MARK(ディーブイ マーク)について

DV MARK(ディーブイ マーク)は、「Markbass」のギターアン プ・セクションとして作られたブランド。

Markbassは、軽量型ベース・アンプの制作で有名。

社長のマルコ・デ・ヴァージリス氏のポリシーが詰まったブランドといえます。

ギタリストが追及する最高のトーンと軽量&耐久性をかなえるアンプとして、ベースアンプから得たノウハウを元に作られました。

サウンドクオリティはもちろん、細部にまでこだわるデザイン。

精密な設計から製造まで、すべてイタリアにある自社工場でおこなっています。

近年では、2016年6月にギターアンプヘッド&JAZZギターアンプ「MICRO50/JAZZ212」を新たに発表しています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

DV MARK(ディーブイ マーク)の大量買取もお任せください

「Markbass」のギターアンプ・セレクションとして作られたDV MARK(ディーブイ マーク)。

ベースアンプを作っていたノウハウが活かされた作りで、ギタリストが追及するハイクオリティなサウンドを可能にします。

制作はすべてイタリアでおこなっている、メイド・イン・イタリー。

日本では数も少ないので、中古市場でも貴重なブランドです。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、さまざまなディーブイ マーク ギターアンプを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

DV MARK(ディーブイ マーク)の高価買取り方法について

check1

状態

DV MARK(ディーブイ マーク)のモデルの取り扱いは、日本ではそう多くはありません。

ですが、中古市場などでは何種類か取り扱われています。

コンパクトサイズのジャズギターアンプの「Little JAZZ」は、そのサイズゆえに移動が楽として人気。

美しいリバーブも搭載されているので、自宅で使うのはもちろん、小規模のクラブやライブでも活躍します。

中古では数万で売られています。

「TRIPLE 6」も中古市場ではよく見られるモデルで、3ch、オールチューブ、ハイゲインサウンドが魅力的。

こちらは、中古とはいえ10万円台といった高額アンプとして扱われています。

check2

付属品

電源ケーブルやフットスイッチ、別売りのアンプカバー、アンプバッグなどがついていると高ポイントなります。

また、製品にはシリアルナンバーが記載されていますので、査定に出す際にはチェックしておくといいでしょう。

長く使っていない場合は、動作チェックは必須です。

check3

まとめて

DV MARK(ディーブイ マーク)は、クリーントーンが売りのギターアンプ。

アンプヘッドタイプ、そしてスピーカー一体型のコンボタイプもあります。

スピーカー一体型ではスピーカーが1つのタイプと2つのタイプとあります。

例えば、縦型デザインが美しいといわれている「DV40 112」には、DV Mark NEOCLASSIC(8Ω) 12インチスピーカーが一つ。

重量は16.2kg。

スピーカーを2つ搭載しているタイプ「DV 40 212」では、その重量が20.1kgとかなりの重さになります。

コンパクトさを追及した「Little JAZZ」から、一般的なサイズのアンプ、そしてスピーカーが搭載されたアンプと、そのスタイルはさまざま。

高級アンプメーカーなので、どのアンプもコンディションが良ければ高値で買い取ってもらえます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

DV MARK(ディーブイ マーク)の掃除方法について

ギターアンプは、そうそう手入れが必要にはなりませんが、普段の扱い方には注意が必要。

休んでいる時など、使わないときはアンプの音量を0にするか、電源を切ったまま放置しておきます。

また、ギターをアンプに立てかけたり、近くに置きっぱなしにしていると、少しずつハウリングが起きてアンプが故障してしまうこともありますので注意が必要です。

衝撃にも弱いですし、重たいものを載せるのもよくありません。

ディーブイ マークのギターアンプはイタリアで生産されている海外製品であり、また日本ではそこまで数が多くありません。

不具合が起こると面倒ですから、保管などには気を付ける事で、長くその性能を発揮してくれます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介