買取ぞうさんはBJFE ディストーションを高価買取中

BJFEペダルは、人気があるものの生産量が少ない事から、なかなか市場に出回らないブランドとして有名です。

その性能の高さから、世界中からオーダーが入っている状態。

入荷時期も未定となっている、大変手に入りにくい品なのです。

そんなBJFEのペダルは、すべてハンドメイドでの製作。

弱い塗料を使っているので塗装のムラやはがれ、凸凹、薄くなってしまっている部分などがみられるのが気になるところではあります。

無料査定 ここをクリック

BJFE ディストーションについて

BJFEは、北欧にあるフィンランド製。

BJFE ディストーションは、ダイナミックでハーモニック、プレキシ。

クランチ的なローゲインからハードでざっくりとした音色まで、自由自在に作ることができます。

ドライブノブ次第でダイナミックなディスト—ションや強いゆがみをもったフルディスト—ションと変化させることができます。

全てにおいてハンドメイドで作り、質のよいものにこだわったコンポーネンツを使用。

1つ1つがトゥルーバイパスで調整しているので、どのモデルも文句なしのエフェクターとなっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

BJFE ディストーションの大量買取もお任せください

最高のディスト—ションと言われることも多いBJFE。

ハンドメイドでの製作で、その人気の高さから市場で見ることもあまりありませんので、中古市場でも探す人も少なくありません。

当店では生産終了となったBJFE社製ディストーションから人気のBJFE社製ディストーションまで、さまざまなBJFE社製ディストーションを買取査定いたします。

無料査定 ここをクリック

BJFE ディストーションの高価買取り方法について

check1

状態

BJFE社製ディストーションのなかでも人気なのが「Red Distortion」です。

最初に作られたモデルは「Fuzz 2」と呼ばれ、気持ち良いぐらいのゆがみを作ります。

音のレンジが広く、ざっくりとしたクランチからフルディスト—ションまで、多彩な音色を展開させていくところが良いところ。

レスポンスの早さも、演奏者には嬉しいところです。

性能の良さからも、状態が良ければ買取価格も期待できます。

査定に出す前には、しっかりと不具合がないか調べ、きれいな状態にしてから持っていくようにしましょう。

check2

付属品

査定においては作られた年代やそれによる状態が重要なポイント。

もちろん、ビンテージ品であるかどうかも査定基準に大きく関わります。

経年変化やキズ、そして修理履歴なども詳しく説明できると、査定における手間が省けますので、できるだけ購入時・使用中の情報も欠かさないようにしましょう。

check3

まとめて

中古市場でみられるBJFE ディストーションは、ボロボロの状態になってしまっていることも少なくありません。

塗装が薄いので、他のエフェクターと比べるとはがれやすいので、どうしても見た目が悪くなってしまうのが早いのです。

ただし、音の出かたなどは、他のエフェクターと比べてもひけをとらず心地よいゆがみ。

ディスト—ションの中では、最高級クラスと言えます。

価格的にはちょっと高額になるので、中古市場でも探されている人もいます。

機能状態はもちろん、見た目もきれいだと買取価格も高くなります。

BJFE ディストーションは塗装が剥げやすいので、使用中はここに気を付けておくようにしましょう。

買取価格もおのずと変わってきます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

BJFE ディストーションの掃除方法について

エフェクターは電子機器ですから、ホコリなどにとても弱いものとなっています。

ケースや袋に入れておくことで、ホコリから守れますので、使い終わった後は必ず入れておくようにしましょう。

特に、ホコリが溜まりやすいのは、入出力端子などの接続部分、つまみなどの回転部分です。

ここにホコリが溜まると、操作もスムーズでなくなってしまうので要注意です。

なかにはギターのキャリングケースにエフェクターを入れっぱなしにしてしまう人もいますが、これはどちらも傷つけてしまうので別々に保管収納するようにしましょう。

どうしても一緒に入れなければいけない場合は、エフェクターを袋などに入れてギターに傷がつかないようにしておきます。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介