買取ぞうさんはバンドネオンを高価買取中

バンドネオンは、主にタンゴで使用される楽器です。

その形はアコーディオンに似ていますが、鍵盤はボタン式で蛇腹を挟んで両側に配置されているいったことからも、アコーディオンとはちょっと異なる形です。

バンドネオンでは蛇腹を引いて演奏し、空気抜きレバーを押しながら蛇腹を戻すという動作を繰り返して演奏します。

座って膝に置いた状態で演奏するのが一般的ですが、立ち膝で演奏するといったパフォーマンスもあります。

無料査定 ここをクリック

バンドネオンについて

アコーディオンが発明されたのは1820年。

これを改良したコンツェルティーナが作られ、それから1847年にバンドネオンが考案されました。

作ったのはドイツのハインリヒ・バンド氏。

野外での協会の儀式において、パイプオルガンの代わりにと使われ始めました。

1880年代になるとタンゴでも用いるようになり、次第にバンドネオンの応用が広がっていきました。

ハンドネオンには、ダイアトニック型とクロマチック型とあります。

ダイアトニック型は蛇腹を押したり引いたりした時に別の音がでるものとなり、音階配置が不規則な構造からその演奏には高い技術が必要とされます。

対してクロマチック型は、鍵盤配列が規則的となっています。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

バンドネオンの大量買取もお任せください

あまりメジャーではないもののステージ上での注目度は高く、パフォーマンスも高い楽器のバンドネオン。

アコーディオンを手軽な形にしたバンドネオンは、年齢を問わずにできる楽器です。

ちょっと高度な演奏技術が必要な事からも、プロと呼ばれるには相当な練習が必要です。

無料査定 ここをクリック

バンドネオンの高価買取り方法について

check1

状態

ハンドネオンを作っているメーカーとしては、アルフレッド・アーノルド(Alfred Arnold)社が有名です。

プロの演奏家でも、アルフレッド・アーノルド製のハンドネオンを使っている人はかなりの数になっています。

また、エルンスト・ルイス・アーノルド(Ernst Louis Arnold)社もよく見かけるメーカーです。

他には、ドイツのマイネル&ヘロルド(Meinel & Herold)社、アコーディオンメーカーであるホーナー(Hohner)社、ベルリンのプレミア(Premier)社といったメーカーがあります。

楽器というと新品の方がいいようなイメージがありますが、ハンドネオンにおいては古くても調律やメンテナンスがしっかりとされているもののほうが人気。

プロの演奏家も中古品から選ぶことがおおいのですから、日頃から大切に使っていると、査定でも高く評価してもらえます。

check2

付属品

ハンドネオンは長く愛用する人が多いので、何十年前に購入したもしくは譲っていただいたといったことが多く、付属品が紛失されていることも少なくありません。

外見と音色の良さは失わない状態で持ってくるようにしましょう。

check3

まとめて

ハンドネオンは、古くて上質なものが人気。

半世紀前に作られたハンドネオンを愛用している演奏家も珍しくありません。

海外では、中古品の方が良く売れているというのです。

ハンドネオンの新品での価格は、大体50万ほどと高額ですが、中古となるとさらに高額になる事も。

ハンドネオンは、それだけ新品よりも状態の良い中古品のほうが人気があるということです。

また、もともとハンドネオンを取り扱っている店が少なく、入手困難となっているものの多いことも関係しているようです。

査定に出す際には中身も外観もきれいな状態にしておくと、その価値をさらに高めて高額査定になることもあります。

「これじゃないとダメ」なんて言われているような人気にあるハンドネオンは、高値で買取ってもらえます。

日本全国送料無料

楽器を高価買取中!!

新商品や高額商品、中古品まで強化買取中です。

出張買取エリア

バンドネオンの掃除方法について

バンドネオンは新品よりも中古品の方が人気が高い楽器です。

それはつまり、長く大切に使っている人が多い楽器ともいえます。

何十年も使っているとなると、老朽化による部品の破損や内部トラブルなどが気になってきます。

使用年数が長ければ長いほどトラブルが起こりやすくなるので、信頼できるリペアマンを見つけておくようにしましょう。

ハンドネオンは部品数がとても多く、緻密な加工がされた大変複雑な構造をしています。

そのため、修理や調律は専門店でおこなうほうが安心です。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介