買取ぞうさんは雅楽楽器を高価買取中

ちょっと聞き覚えが無い人でも、一目みれば、「見たことある!」なんてことが多い雅楽(ががく) 楽器。
雅楽 楽器では、打楽器を打物、絃楽器を弾物、管楽器を吹物と分けられています。
打物には鞨鼓(かっこ)・太鼓・鉦鼓(しょうこ)・三ノ鼓(さんのつづみ)・大太鼓(だだいこ)・大鉦鼓(だいしょうこ)・笏拍子(しゃくびょうし)。
弾物には琵琶・箏(そう)・和琴(わごん)。
そして吹物では笙(しょう)・篳篥(ひちりき)・龍笛(りゅうてき)・高麗笛(こまぶえ)・神楽笛となります。

3つの管楽器、2つの絃楽器、3つの打楽器で構成されている三管両絃三鼓…
つまりは管絃は、「世界最古のオーケストラ」と称されるほどの歴史的価値も高いものなっているのです。

当店では中古の雅楽 楽器を買取しております。
しまっている雅楽 楽器がありましたら、是非ご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

雅楽楽器について

雅楽は、中国や朝鮮半島からベトナムに伝わり、日本でその形を確かなものとした伝統的な音楽です。
世界最古のオーケストラと称されるほどその歴史は長く、宮内庁式部職楽部に伝わる雅楽は、
重要無形文化財、ユネスコの無形文化遺産に登録されているほどとなっています。

表現としては、「管絃」「舞楽」「歌謡」となり、皇室の典礼や御遊、神社仏閣の祭典など…
雅楽 楽器は位も高い正式な場で使われる音楽としての立ち位置となっています。
「管絃」は楽器だけの演奏で表現し、そこに指揮者は存在しません。
ですから、雅楽 楽器すべての息や間がどれだけ合うかが重要となります。
そのため、雅楽師となる人は、管楽器だけでなく絃楽器や打楽器、そして舞や歌もマスターする事となる大変なものとなっているのです。

また、「舞楽」は雅楽 楽器の演奏に合せて奏する舞で、一人で面をつけて躍動的に表現したり、数名でゆったりと優雅に舞うものとさまざま。
「歌謡」は雅楽 楽器に伴奏をつけた声楽曲となります。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

雅楽楽器の大量買取もお任せください

雅楽には「管絃」「舞楽」「歌謡」とあり、そのうち楽器を使って演奏するのが「管絃」となります。
「管絃」は器楽合奏であり、その構成は「三管両絃三鼓」となっています。
「三管」には笙・篳篥・横笛の管楽器を、「両絃」には琵琶・箏の絃楽器を、「三鼓」には羯鼓、太鼓、鉦鼓の打楽器が配置されています。

当店ではさまざまな雅楽 楽器を買取査定いたします。
大量買取りもおこなっておりますので、是非当店までご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

雅楽楽器の高価買取り方法について

check1

状態

雅楽 楽器は他の楽器と比べてみても、ちょっと特殊な楽器に分類されます。 ですから、買取価格的にはちょっと高値になることが多くみられます。 そんな雅楽 楽器は、ほとんどが木製での仕様となっています。 笙や篳篥、龍笛などは竹から作られていますから、日頃のお手入れを怠って雑に扱うと、割れてしまうことも…これでは買取も無理となります。 また、鞨鼓や鼓などは皮を張って、撥で叩くことで音がでます。 その皮の状態が音の良しあしに大きく関ってくる事からも、大切に扱うようにしないと、その買取価格も大きくさがるものとなってしまいます。 いざ買取査定に出す際にボロボロになってしまっているようでは、せっかくの雅楽 楽器も価値無しと見られてしまうのですから気をつけたいものです。

check2

付属品

高価買取を狙うのであれば、付属品の存在は欠かせません。 基本的なものは、予備も含めてなるべく多く揃えて査定にだすようにしましょう。 とはいえ、雅楽 楽器というのはそうどこにでも販売されているわけでもなく、専門店というのも他の楽器に比べると少ない傾向にあります。 しかも、雅楽 楽器から付属品まで充実しているというのは、そうそうありません。 入門用や練習用に特殊樹脂を使って制作した雅楽 楽器というのは多いですが、本格的な雅楽 楽器は制作数も少なく、また一つ一つが手作りの為時間がかかります。 だからこそ、付属品がついている雅楽 楽器はとても貴重なものとなります。 良い雅楽 楽器をご購入した際には、その付属品もしっかりと保管するようにしましょう。

check3

まとめて

雅楽 楽器には、有名な作家さんが制作した作品もあります。
それが古い時代の雅楽 楽器であればあるほど、歴史的にもその価値は大きくなります。
古来から伝わる雅楽 楽器は貴重でもありますので、特に大切に保管していただくようにしてもらいますと、買取査定に出された際に付加価値がついて高額査定となります。

雅楽 楽器は職人さんが一つ一つ手作業で制作する楽器です。
また、腕利きの職人さんによって制作された雅楽 楽器であれば、時代を問わず人気となっています。
お手持ちの雅楽 楽器に銘が刻まれていましたら、高価買取も期待できるものとなります。

そして、雅楽 楽器のほとんどに木材が使われています。
保管場所の良しあしでその劣化も決まり…適した場所でないと割れてしまうこともありますので要注意です。

日本全国送料無料
出張買取エリア

雅楽楽器の清掃方法について

雅楽 楽器は木材や竹、皮、絹糸など…自然の素材を元に作ります。
ですから、とてもデリケート。
演奏後には乾拭きするなどのお手入れはもちろんのこと、保管場所にも気をつけなくてはいけません。
湿度と温度は人が過ごすのに快適に感じる程度に調整するようにし、エアコンが直接当たるのはもちろん、効きすぎもよくありません。
また、使わないでいるとどんどん劣化していきますので、程度に演奏するのも一つのメンテナンスになります。
雅楽 楽器は楽器ごとに細かな気をつけなくてはいけないポイントがありますので、最初は専門店の方などに購入時に詳しく聞いておくと安心です。

最近では合成樹脂でできている雅楽 楽器もありますが、これは練習用や初心者用に使われることがほとんどです。
お手入れも簡単ですから、最初はこちらで雅楽 楽器に慣らしていくのもいいかもしれませんね。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

  • 鳳笙
  • 七弦琴
  • 七絃琴
  • 小鼓
  • 大鼓
  • 小鼓胴
  • 鞨鼓
  • 龍笛
  • 竜笛
  • 楽琵琶
  • 薩摩琵琶
  • 鉦鼓

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介