買取ぞうさんはYAMAHA(ヤマハ)を高価買取中

日本国内の楽器メーカーとして有名な YAMAHA(ヤマハ)。
知らない人はいないともいえるヤマハは、1887年にリードオルガンの製造からスタートした会社です。

ピアノの製造で有名な楽器メーカーですが、エレキギターの製作は、ビートルズやベンチャーズなどでも一躍エレキギターに注目が集まっていた1965年頃にスタート。

数々の有名アーティストにも愛用されています。
今ではギターやベース、アンプ、エフェクターと…その他さまざまな楽器を製造し、社会現象にもなった「ボーカロイド」の開発や音楽教室、
ライブイベントといった幅広い事業展開をおこなっている会社にまで成長しています。

当店では中古のヤマハ ギターを買取しております。
しまっているヤマハ ギターがありましたら、是非ご相談くださいませ。

無料査定 ここをクリック

YAMAHA(ヤマハ)について

YAMAHA(ヤマハ)が作るギターは、そのデザインや操作が非常にシンプル。
無駄が無いつくりになっているので、さまざまな音楽シーンにおいて扱いやすいものとなっています。

ただシンプルなだけでなく、そこにはヤマハ独自のオリジナルティが感じられるものとなっており、特にエレキギターは特徴的なものとなっています。

価格帯的にもそう高額なモデルとなっていないので比較的購入しやすく、それが初心者にも愛されている理由となっています。

そう聞くとサウンド面的なクオリティが心配になってきますが、それも十分に申し分ないものとなっていますので安心です。

ヤマハ ギターで使われている木材は、これまでの数々の楽器つくりから得たノウハウなどが生かされたものとなっているだけでなく、
良質な木材を入手するためのルートも確保されていますから、品質も確かなギターとなっているのです。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配

YAMAHA(ヤマハ)の大量買取もお任せください

ヤマハ ギターのラインナップとしては、1972年以降受け継がれているモデル「SG(ソリッド・ギター)シリーズ」、
ストラトタイプを記帳としたデザインの「Pacificaシリーズ」、RGXシリーズのデザインを受け継ぎ進化させた個性的な「RGXA2」とあります。

当店では生産終了となったモデルから人気のモデルまで、ヤマハ ギターを買取査定いたします。

大量買取りもおこなっておりますので、是非当店までご相談ください。

無料査定 ここをクリック

YAMAHA(ヤマハ)の高価買取り方法について

check1

状態

ヤマハ ギターを愛用しているミュージシャンが使っているモデルは、人気も高いものとなっています。

日本のグループサウンズを牽引し、「エレキの神様」と呼ばれている寺内タケシ氏もヤマハ ギターを愛用。

シグネイチャーモデルも出ており、バンド結成45周年記念として出された限定モデルは、100万という破格の値段さながらも完売しています。 また、海外でも評価の高いアーティスト・高中正義氏も、ヤマハ ギターからシグネイチャーモデルを発売していますが、こちらは愛用している「SG」がトレードマークとなっています。

海外のミュージシャンでは、そのプレイはもはや達人とも言われているマイク・スターンや、 ラテンロックで有名なカルロス・サンタナ、ボブ・マーリーなど…他にも多数の有名ミュージシャンが愛用。

それらのモデルは人気も高く、買取価格もそう安いものとはなりません。

check2

付属品

高価買取を狙うのであれば、付属品の存在は欠かせません。 ヤマハ ギターの保証書や取扱い説明書、アンプや弦、ピック、シールド、ストラップ、スライドバーなどの基本的なものは、予備も含めてなるべく多く揃えて査定にだすようにしましょう。

ヤマハでは、各種ギターが揃っているわけですが、そのアクセサリーについてもたくさんの種類が揃っています。 チューナーや弦、ケース、ケーブル、ボトルネックバー、メトロノーム、カポタスト、ヘッドホン&イヤホンなど…まさにそろわないものはないといっても過言ではないほどの充実しています。

こうしたヤマハの純正アクセサリーもセットにして査定にだすと、その買取価格も高いものとなります。 ヤマハのサイトも確認しておきましょう。

check3

まとめて

ヤマハ ギターは、どこに出しても恥ずかしくないトップクラスのメーカーです。

特にパシフィカはコストパフォーマンスの面からもとてもよいギターとして有名ですから、
きちんと手入れをしていれば、査定に出したときに良い買取価格になることが期待できます。

購入する際には、見た目だけでなく触ったときの感触はもちろん、弾きやすさ、音色の良さ、音の伸び…などからも決めます。

これは、査定においても同じ事であり買取価格を決める上でもポイントとなる事。

ですから、日頃からのお手入れをしっかりと行うようにし、品質が購入したときの同じくらいであることを保つようにしましょう。

ヤマハ ギターの高額モデルともなると、プロ御用達ともなっていたりします。
世界中のギタリストに愛されているメーカーですので、しまいっぱなしのヤマハ ギターがあるのであれば、査定に出すのが一番といえます。

日本全国送料無料
出張買取エリア

YAMAHA(ヤマハ)の清掃方法について

日常のお手入れとしては、ギターを拭き終わったらすぐに楽器専用のクロスで乾拭きするようにします。
それだけでも、ヤマハ ギターのもちは違ってきます。
ギターに手の脂や汗がつきっぱなしであると、それが小さな傷からボディに入り込み、ひび割れを引き起こしたりすることがあるのです。
ただし、アコースティックギターのラッカー塗装の場合は、シリコンによって変質してしまう事を避ける為にも、ノンシリコンの専用クロスを使うようにしましょう。

 

また、定期的に弦を交換するのと同時に、指板にレモンオイルかオレンジオイルを塗ると、乾燥するのを予防して良い状態を保ってくれます。

 

ギターは湿度と温度による影響が強い楽器です。
保管する場所の湿度は45から55%がベストであり、乾燥した場所や高温多湿の場所はNGです。
また、直射日光やエアコンが直に当たる場所は避けるようにしましょう。

電話 無料査定はこちら
買取ゾウさんの宅配
出張買取

買取強化中の商品情報

  • 12弦エレキ 70‐80年代
  • 1981年 ギター GC-30A
  • CJ-52 CUSTOM アコースティック
  • FG-2000 1973年製
  • FG-500 アコースティック ビンテージ
  • GC-20M 加藤俊郎
  • GC-70 ハカランダ
  • GC20 江崎モデル 1979年製
  • GC62 クラシック
  • L-15
  • LJ36KM HANA
  • LL-36 ARE仕様
  • LL36 アコースティック
  • LL36ARE アコースティック
  • NCX2000FM エレガット
  • SBV-800MF フルカワミキ エレキ
  • SG-1 野呂一生 モデル
  • SG-2000
  • SG-3000 CUSTOM エレキ
  • SG1500 1982年 SG
  • SG2000 レッドS 1982年製 エレキ
  • アコースティック FG-1000
  • アコースティック GC-60
  • アコースティック HS001
  • アコースティック L-10
  • アコースティック LA-47
  • アコースティック LJ36
  • アコースティック LL-33J
  • アコースティック LL36
  • アコースティック LS26
  • アコースティック N-1000
  • エレガットギター NCX2000R
  • エレキ SG T2
  • エレキ SG-3000
  • エレキ SG-7A 20周年記念モデル
  • エレキ アンティーク SG2000
  • クラシック GC-40C
  • クラシック GC-41
  • クラシック GC-41 エレガット
  • フォーク LL-36
  • ヤマハ L-41
  • ヤマハ SG2000

宅配買取はご自宅や事務所まで直接集荷にお伺いいたします。集荷の申し込み方法に関しましては以下よりご確認ください。

買取カテゴリーのご紹介